万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

新治さんの「大丸屋騒動」を聞きに出かけたの。

久しぶりに落語を聞きに行った。京都までお出かけ。 ももやま亭 春の陣 新幸…つる 新治…狼講釈 玉之助(太神楽) 新治…大丸屋騒動 中入 新幸(弾き語り) 新治…ちりとてちん 新治さんの「大丸屋騒動」がお目当ての演目。ジャンル分けするならサイコホラー。…

艦これ2016秋イベントのプレイ動画を作成しました

艦これ、秋イベントのプレイ動画を作成しました。拙い動画ですが、どうぞご笑覧ください。www.nicovideo.jpwww.nicovideo.jpwww.nicovideo.jpwww.nicovideo.jpwww.nicovideo.jpwww.nicovideo.jp

「この世界の片隅に」観てきました/「主人公」なんて誰でもよかった/ひとそれぞれですよ

この世界の片隅に、観てきました。 公開翌日の日曜日のレイトショー。9割5分ほど客席は埋まっていたでしょうか。ただ、なんか近畿は妙に上映館が少ないので、それで集中している、ということもあるかもしれません。 上映終了後、客席からは拍手が巻き起こり…

露の新治「たちぎれ」/言葉と仕草と嗅覚

2016年10月30日日曜日。丹波橋の呉竹文化センターへ「ももやま亭 復活祭! 秋の陣」を聞きに出かけた。 お目当ては露の新治さん、というか、いただいた案内メールに、今年は秋の独演会を休み、この会を独演会と位置付けて取り組むとの意気込みが書いてあった…

桂千朝「ながたん息子(菜刀息子)」を聞いて感じた事/発達障害と向き合うということ

2016年10月29日土曜日。テイジンホールへ「桂千朝独演会」を聞きに行く。 テイジンホールは初めて。昭和モダンな感じがして、雰囲気が良い。ただ、トイレがちょっと狭い。 演目は以下のとおり吉の丞……犬の目 佐ん吉……いらち俥 千朝……地獄八景亡者戯 中入 千…

「聲の形」/西宮硝子のハードな日常について

また「映画 聲の形」の話です。 ネタバレを含みますので、まだ映画をご覧になっていない方は気を付けてください。映画オリジナルの要素にも触れますので。というかあの要素が映画オリジナルって、脚本と監督はドSに違いありませんよ。

「聲の形」の感想/本作における「罪」/地獄

「映画 聲の形」3回ほど見てまいりました。今まで見た映画の中でも、重さはトップクラスです。まだ見ていないという方は覚悟を決めてごらんになることをお勧めします。 以下、思ったことを書いていきます。ネタバレしますので、まだご覧になっていない方は…

【ネタバレ】「君の名は。」7回目でようやく矛盾が解消したと思ったらそんなことはなかった話/「曜日感覚どうなってんだ」問題

「君の名は。」7回観てやっと気がついたことがあるので、書いておこうかと。 ネタバレしますので、まだ見ていない方は注意してください。

「君の名は。」を5回観てようやく気がついたことがあるのでみんな聞いてくれ/三葉の父が超重要人物だった/掌になにを書いたのか?

「君の名は。」視聴5回目にしてようやく気がついたことがあるので手短に書いておきます。ネタバレですのでまた見ていない方は読まないようにしてください。 ネタバレですからね? 本当よ? まるで見当違いだったらごめんなさいね?

「君の名は。」から派生して考えたこと/前から考えていたこと

「君の名は。」から派生して考えたこと(前から考えていたこと)をTogetterにまとめたのですが、こちらにも転載しておこうと思います。 togetter.com 「君の名は。」だけではなく、私の中では「おおかみこどもの雨と雪」なんかにも関係してくる問題です。 「…

【ネタバレあり】「君の名は。」の感想。/1200×2/荒唐無稽なファンタジー

「君の名は。」2回見て来ました。実は3回目のチケットも予約してまして、開場までの待ち時間にスマホをポチポチいじって、この文章を書いております。 これから「君の名は。」の感想を書こうと思います。ネタバレしますので、まだ見ていない方は注意してくだ…

「君の名は。」をようやく見てきて、すっかり堪能しましたよ/次はこんな「運命にどうしようもなく抗うSF」を読んだらどうだろう?(自己責任で)

大ヒット中「君の名は。」ようやく見てきましたよ。 人込み苦手だから空いてから見に行こうと思ってたんだけど、いや、公開四週目のレイトショーでもかなり入っててですね。びっくり。 良かったですよーー! エンターテイメント剛速球。 意外性はないのだけ…

「帰ってきたヒトラー」は、とても親しみやすい抱腹絶倒なガス室なので超おススメ!

「帰ってきたヒトラー」観ましたよ。これはいい映画です。 終映後、客席からこんな声が。 「これ、コメディちゃう。ホラーや……」 まさしくその通り。期待していたよりも笑え、期待していたよりもずっとややこしく、期待していたよりもずっと怖かった。 「帰…

LIBROの新譜「風光る」を初めて聞いたとき、どこに衝撃を受けたか言語化を試みるよ!

学生時代にどっぷりはまったものでも、社会人になり時がたつにつれてだんだんとシーンを追うのが億劫になってきて、気がつくと最近の流行とかさっぱりわからなくなっていた、なんていうのは良くある話で。私にとってはHIPHOPがそれだった。フリースタイルダ…

「クレヨンしんちゃん爆睡!ユメミーワールド大突撃」を3回観てきたので、かなりテンション高めに感想書くよ!

映画クレヨンしんちゃん爆睡! ユメミーワールド大突撃、計3回観てきました。 私の中では不動の傑作の地位を確かにしましたですね。私の乏しい映画やアニメの観賞経験の中ではありますが、子供に向けたメッセージが込められた作品としては、その力強さにお…

昭和元禄落語心中、第5話に登場する演目は上方ではどんな具合か、あくまで私の知る範囲で あと芝居噺とか

「昭和元禄落語心中」第5話、見ました。 三角関係、進行中ですねぇ。菊さんとみよ吉さんのキスシーンも出てきて。しかしあれだな、めんどくせえ男だな、菊さんってのは(笑)。 やはり今回最大の見ものは鹿芝居のシーン。見事に化けた菊さんの艶姿も見もので…

昭和元禄落語心中、第4話に登場する演目は上方ではどんな具合か、あくまで私の知る範囲で

「昭和元禄落語心中」第4話、見ました。いやー、みよ吉さん、色っぽかったっすなー。芸事じゃなくて色気ばかりかと思いきや、小唄の稽古のシーンではしっかり聞かせてハッとさせる。他のシーンでは猫的な魅力をふりまいているだけに、小唄のシーンが明瞭に際…

昭和元禄落語心中、第3話に登場する演目は上方ではどんな具合か、あくまで私の知る範囲で

「昭和元禄落語心中」第3話見ました。今回は戦中編。1話、2話と比べて落語のシーンは少なめ。これは実際に落語を演じる場や機会が少なくなっている作中と対応させているのでしょう。不承不承足を踏み入れた落語の世界に菊比古さんがどっぷりはまっていく、派…

昭和元禄落語心中、第2話に登場する演目は上方ではどんな具合か、あくまで私の知る範囲で

昭和元禄落語心中第2話、見ましたですよ。初回がスペシャルで長かったせいもあるのでしょうが、なんかあっという間というか、「えっ!? もう終わり!?」みたいな。 やっぱり若き日の八雲師匠たる菊比古さんの初高座のダダ滑りっぷりが見どころでしょうか…

昭和元禄落語心中、第1話に登場する演目を上方では誰がやっているかについて、あくまで私の知る範囲で

昭和元禄落語心中アニメ化で、落語に興味を持ってくれる人が増えればいいなぁと思っているのだけれど、落語心中の舞台は東京。私は現在大阪在住で普段は上方落語を聞いて楽しんでいるわけで。 だもんで、落語心中に登場した演目を、上方では誰が演じているか…

昭和元禄落語心中、第1話を見ての個人的な感想と演目と萌えポイント

昭和元禄落語心中、見終わった。原作は読んでいるけれど、アニメは全くの初見。丁寧に作ってあるなぁ!面白かった! 登場した話は 「死神」 【落語】柳家小三治/死神(1996年)「二番煎じ」(←小夏がラジオで聞いてるやつ) 落語 春風亭昇太 二番煎じ 「出来…

進化論ファン・古生物ファン必読の〈生物ミステリー プロ〉シリーズは、世界に誇れるガイドブックだ!

技術評論社から刊行中の土屋健著〈生物ミステリー プロ〉シリーズが、もうめちゃくちゃ楽しい。 現在既刊は8冊。それぞれこんな感じ。①「エディアカラ紀・カンブリア紀の生物」 地球上に登場した「生物」たち! 奇想天外なエディアカラ、バージェス、オルス…

イスの偉大なる種族はタイムトラベラーの鑑だ

SFの道具立てとしてのタイムトラベルだが、あれ、現実的には病原菌がすごく問題になると思う。 考えてもみてほしい。大陸から離島へと人が渡っただけで、それどころかヨーロッパから新大陸へ人が渡っただけで大陸から持ち込まれた病気が流行してえらい数の死…

ティプトリー「接続された女」を落語にしたら/桂ぽんぽ娘「乱子の恋」

先日足を運んだ落語会で、桂ぽんぽ娘さんの「乱子の恋」という新作落語を聞いた。ぽんぽ娘さんは今までメイド漫談しか聞いたことがなかったのだが、あのティプトリーの傑作短編「接続された女」を現代劇に(それも少し昔の、ちょっと懐かしい現代劇に)した…

今更だけれどICE CUBEの1stアルバムの邦題が神がかっている件について書いておこうかと

今更、なんですが。 ICE CUBEの1stアルバムの邦題が神がかっている件について、きちんと書いておいたことがなかったので書いておこうかと。本当、知っている人には今更なんですが。 近年は俳優としても活躍しているICE CUBEと言えばいわゆるギャングスタラッ…

え? 王様普通に服着ているんじゃない? 「伊藤計劃『ハーモニー』が崩壊したぞ!」と喜んでいるのはとても微笑ましいです

SF

anond.hatelabo.jp 最近はめっきりブログとかも見なくなったんだけれど、たまたま上記リンク先の文章を目にしましてね?まあ、最近おっちゃん読書量落ちてるし、ちょい鬱気味で何するのもおっくうなんで、手短に思ったことを書いて済ませますが。 いや、言う…

RHYMESTER「Bitter,Sweet & Beautiful」と「ネイバーズ」 或いは大人としてのけじめについて

RHYMESTER「Bitter,Sweet & Beautiful」が7月末に発売になった。 今作は非常にコンセプチュアルなアルバムということで、「コンセプトアルバム」という言葉から連想されるような具体的なストーリー設定があるわけではないが、かなり明確な意図をもって楽曲が…

ケン・リュウ「紙の動物園」/分断と断絶/せめて慰めくらいは

話題作、ケン・リュウ「紙の動物園」をようやく読了した。素晴らしい出来。テーマが重い作品も多く、NHKの「映像の世紀」を見た時のようなシリアスな読後感。 おそらく、それは史実や戦争、紛争、社会問題を扱った作品が多いことにも起因しているだろう。そ…

ちおん舎 新・染屋町寄席

13日。京都へ。ちおん舎 新・染屋町寄席。弥っこ…子ほめ、二乗…ふぐ鍋、染左…寝床、二乗…天神山。弥っこさん、初めて聞いた。少々口跡に怪しい所もあるが、見た目は細いのにもっちゃり系で、テキストを自分の腹の中にきちんと入れているのがわかり、好感。面…

艦これ2015年冬イベントの思い出 E-5 正面から殴り合い篇

さて、いよいよやってきました冬イベント最深部E-5「決戦!連合艦隊、反撃せよ!」 E-4での教訓を生かし、事前情報を収集しつつも腕力にものを言わせたスターティングメンバーは以下のとおりであります 第一艦隊 龍驤(LV106) 烈風 烈風改 烈風 彩雲 大和(LV1…

艦これ2015年冬イベントの思い出 E-4 完全に作戦が悪いのよ篇

さて、E-4「敵機動部隊を補足せよ!」ですが、大苦戦しました。 E-3についてのエントリで、事前情報を収集し如何に早く自分の艦隊にとっての最適解にたどり着くことが出来るかがとても大事だと書いたような記憶がおぼろげにありますが、それがまったく実践で…

艦これ2015年冬イベントの思い出 E-3 当鎮守府で最高の練度を誇り世界で最も可憐な重巡洋艦であるところのマイラブリーエンジェル羽黒たん篇

さて前半戦最終節E-3「連合艦隊、出撃!」難易度は甲を選択。 これがね、案外あっさりだったのですよ。本当、艦これと言うのは事前情報を集めて如何に早く最適解にたどり着くかが重要なゲームで。それが出来ないRTA勢は本当、大変だろうなと思いますが。 …

艦これ2015年冬イベントの思い出 E-2 朝霜ゲットしたぜ篇

さて、E-1のところに輝く「甲」の文字。おおっ。ちょっぴり誇らしいですが「まさかもらえる「甲種勲章」ってこのグラフィックの事じゃないだろうな?」というかすかな不安を抱きつつ、E-2に進みます。今回も難易度は「甲」を選択。E-2「トラック泊地空襲」の…

艦これ2015年冬イベントの思い出 E-1夕張さんが楽しそうでなによりです篇

さて、艦これ2015年冬イベントの思い出を書いていこうと思います。ますはE-1から。 メンテナンス完了時刻を10分強くらい過ぎた頃にメンテナンス完了がアナウンスされ、まずはアクセス過多の為、ログイン画面にアクセスできない旨の画面とご対面。私は「ヘル…

須藤真澄「グッデイ」/史上最強の「ファンタジー」

誰しも生きていくにはファンタジーが必要だ。現実だけでは生きていけない。 ほんのひとかけらのファンタジーを支えに、私たちは今日も生きている。 「グッデイ」は長年、良質のファンタジーやエッセイマンガを描き続けてきた須藤真澄の最新刊だ。 帯に粗筋が…

艦これとその影響の話

定期的に「艦これでプレイヤーに悪影響が」ってな話が出てくる。それについて現時点で思っていることをメモ代わりに書いておこうと思う。まず、私はゲームにも歴史にも軍事にも政治にも詳しくない。というか、むしろ疎い方だ。であるから、これから書くこと…

為末大さんの古典的なHIPHOPに関する無理解に対してひたすらRHYMESTERのリリックを引用する

悲しいかな、どんなに頑張っても日本で生まれ育った人がヒップホップをやるとどこか違和感がある。またアメリカ人が着物を着ても最後の最後は馴染みきれない。私達は幼少期の早い時期にしみ込んだ空気を否定できない。— 為末 大 (@daijapan) 2014, 9月 18為…

MikuHop LPの感想(大変気に入っています)

先日ダウンロードしたアルバムを大層気に入ったので、簡単に感想を書いておこうと思う。 『MIKUHOP LP』 Release 『MIKUHOP LP』 Release - Stripeless”MikuHop LP“なるこのアルバム、上記URLより無料ダウンロードできる。いわゆるボーカロイドを使用した…

笑福亭たまさんがホームゲームで危険球を投げる

足の怪我もよくなったので、8月31日に久しぶりに落語を聞きに出かけた。高津宮は高津の富亭でこの8月に14日間開催された高津落語研究会特別講演の最終日、千秋楽という奴だ。 野球やサッカーなどでホームとかアウェイとか言うが、完全なるホームだった…

旅烏提督の夏イベ後夜祭

※今月ブログにアップロードできる写真の容量を使い切ってしまったので、文字のみ載せておきます。noteの方には写真付きで同様のテキストを上げてありますので、是非そちらの方をご覧ください。 旅烏提督の夏イベ後夜祭|旅烏|note さて、E-6攻略が終わった…

旅烏提督の艦これ夏イベント攻略日記(E-6は各資材2万で十分なのよ篇)

※今月ブログにアップロードできる写真の容量を使い切ってしまったので、文字のみ載せておきます。noteの方には写真付きで同様のテキストを上げてありますので、是非そちらの方をご覧ください。 旅烏提督の艦これ夏イベント攻略日記(E-6は各資材2万で十分な…

旅烏提督の艦これ夏イベント攻略日記(E-5、飛龍と伊168の効果をちょっぴり調べてみた篇)

※今月ブログにアップロードできる写真の容量を使い切ってしまったので、文字のみ載せておきます。noteの方には写真付きで同様のテキストを上げてありますので、是非そちらの方をご覧ください。旅烏提督の艦これ夏イベント攻略日記(E-5、飛龍と伊168の効果を…

旅烏提督の艦これ夏イベント攻略日記(E-4、いよいよ陸軍の出番であります篇)

さて、E-4。ミッドウェー島の攻略作戦である。あきつ丸がカギを握る。 確かに島嶼の攻略作戦なんだから、実装されている中では唯一の揚陸艦であるあきつ丸が活躍するんだと、言われてみればその通りなのだけれど、いや、事前にあきつ丸が必要になることを予…

旅烏提督の艦これ夏イベント攻略日記(この世の楽園E-3篇)

というわけで、第3海域よりMI作戦となる。 AL作戦に一回でも出撃した艦娘は、続くMI作戦には参加することが出来ない。全く別方向で展開される作戦だから同一の艦娘が参加できるというのもおかしかろう、ということで、このイベントは「戦力の逐次投入…

旅烏提督の艦これ夏イベント攻略日記(E-2篇)

さて、E-2攻略である。AL作戦はこれにて完遂となる。 これが全景。下ルートでうまいこと固定できた。 そしてこの海域のボスである「北方棲姫」は幼女である。 幼女である。 幼女を苛めるような趣味はないのだが、仕方ないね。 仕方ないね。 さて、この海域…

旅烏提督の艦これ夏イベント攻略日記(E-1篇)

去年の8月から艦隊これくしょんをプレイしているのだが、一つ後悔していることがある。細かく記録をとっていなかったことだ。記録をとっていたら「この時にこの艦娘をドロップしたのか」とか「このイベントの時にボスにとどめを刺したのはこの艦娘だったのか…

米團治さんの飛び道具と米二さんのビート

今日は動楽亭の昼席に行ってきた。番組は、敬称略で 鯛蔵…阿弥陀池 しん吉…若旦那とわいらとエクスプレス 雀喜…うなぎや 出丸…皿屋敷 中入 米團治…片棒 米二…青菜米團治さんの「片棒」がとんでもない飛び道具で。なんと、登場する親旦那が米朝師匠なんだよ!…

「GODZILLA ゴジラ」の感想を書きますよ(ネタバレあり)

「GODZILLA ゴジラ」の感想を書きます。ネタバレあり。それもかなり盛大に。未見の方はくれぐれもこの先を読まないでください。 では、いきます。 もうね、大絶賛しますよ? これは「子どもにもわかるように作られた震災映画」です。異論は無かろう? 一番の…

自動販売機の不可能性について

人工知能に関するトピックの一つにフレーム問題と言うものがある。 ウィキペディアの当該項目(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%95%8F%E9%A1%8C)から引用すると 「フレーム問題(フレームもんだい)とは、人工知能に…

「松喬十六夜」の「寄合酒」

DVDBOX「松喬十六夜」を少し前に購入した。癌であることを公表され闘病生活に入ってからの高座が収録されている。期間的には2012年の10月から2013年の4月まで。闘病生活に入られたのが2011年の12月、亡くなられたのが2013年の7月30日。 楽しみにはして…