読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

LIBROの新譜「風光る」を初めて聞いたとき、どこに衝撃を受けたか言語化を試みるよ!

学生時代にどっぷりはまったものでも、社会人になり時がたつにつれてだんだんとシーンを追うのが億劫になってきて、気がつくと最近の流行とかさっぱりわからなくなっていた、なんていうのは良くある話で。私にとってはHIPHOPがそれだった。フリースタイルダ…

今更だけれどICE CUBEの1stアルバムの邦題が神がかっている件について書いておこうかと

今更、なんですが。 ICE CUBEの1stアルバムの邦題が神がかっている件について、きちんと書いておいたことがなかったので書いておこうかと。本当、知っている人には今更なんですが。 近年は俳優としても活躍しているICE CUBEと言えばいわゆるギャングスタラッ…

RHYMESTER「Bitter,Sweet & Beautiful」と「ネイバーズ」 或いは大人としてのけじめについて

RHYMESTER「Bitter,Sweet & Beautiful」が7月末に発売になった。 今作は非常にコンセプチュアルなアルバムということで、「コンセプトアルバム」という言葉から連想されるような具体的なストーリー設定があるわけではないが、かなり明確な意図をもって楽曲が…

為末大さんの古典的なHIPHOPに関する無理解に対してひたすらRHYMESTERのリリックを引用する

悲しいかな、どんなに頑張っても日本で生まれ育った人がヒップホップをやるとどこか違和感がある。またアメリカ人が着物を着ても最後の最後は馴染みきれない。私達は幼少期の早い時期にしみ込んだ空気を否定できない。— 為末 大 (@daijapan) 2014, 9月 18為…

小田嶋隆なんて大嫌いだ

橋下大阪市長がまた、文楽について発言していた。で、現代風の演出について繰り返し発言している事に対して、小田嶋隆氏が次のようにtwitterに書き込んだ。もうわかったからさ。市長がHIPHOP浄瑠璃とかを書き起こせよ。— 小田嶋 隆さん (@tako_ashi) 7月 26,…

本当に怖いGALLOWS BELL

いや、少し前にアップされた曲になるのですが、このGALLOWS BELLという曲、大好きでしてね。 爽やかで軽快な曲にこの歌詞が乗っかっちゃうあたり、もうたまらないのですが。 気になる歌詞はこちらからどうぞ。 作者のbuzzG氏もブログにて、自分自身歌詞をメ…

ONCE AGAIN/RHYMESTER

ONCE AGAIN(初回生産限定盤)(DVD付)アーティスト: Rhymester,COMA-CHI出版社/メーカー: KRE発売日: 2009/10/14メディア: CD購入: 3人 クリック: 4回この商品を含むブログ (26件) を見るRHYMESTERの代表曲の一つに「B-BOYイズム」がある。98年にシングルとし…

kamaal the abstract

今日は久々に公休らしいことをした、っていうか、自転車でぶらぶらぶらついて、気がつけば5時間、っていうだけなんですが。で、本屋に寄ったり、ご飯食べたり本読んだり、と。 移動中はずっとQ-TIPの“kamaal the abstract”を聞いていまして。いやぁ、本当に…

「*ハロー、プラネット。」/地上で最後の命を抱え ボーカロイドは旅に出る/地球の長いミク

※このエントリは、夜中の二時の中二病のテンションで書かれています。 素晴らしい曲と動画はこちらから 素晴らしい歌詞と解説はこちらから *ハロー、プラネット。自分の気に入ったものにSFのラベルを貼りたがるってのが、今も昔も嫌われてやまないSFファン…

私のiTunesで再生回数が多い曲は残業の友である件について

誰もいない閉店後の店内で残業している時には、iPodで音楽を聴きながら作業することが多いのですよ。で、なんかの拍子でその時の心理状態にカッチリはまってしまって、同じ曲を延々とリピートしながら数時間作業したり、なんてこともしょっちゅうなわけです…

ここのブログのおっさんには「ジュブナイル」はHIPHOP SOULに聞こえるのですが、あなたはいかがでしょうか。

ジャンルにかかわらず、ある作品を流れの中に位置付けて語るとなると、語る人物がどのような作品や文化に親しんできたかってのに大変強く影響されることだろう。 私はあまり詳しくないが、今じゃテクノの大御所のクラフトワークだって、かつてはドイツ発のプ…

違法着うたダウンロード数が4億突破って、本当かしら?

こんなニュースがあった。違法着うたDL数が4億突破――レコ協調査 - ITmedia News 日本レコード協会は12月24日、「違法着うた」「違法着うたフル」の利用実態調査の結果を公表した。昨年10月から今年9月にかけて携帯電話サイトで違法公開された楽曲ファイルの…

地獄極楽「炉心融解」/個人用自殺装置としての核融合炉

すまない。また「炉心融解」の話なんだ。もうリピートが止まらなくてね。音的なことは難しいことよくわからないんだけど、キャッチーでJ-POP的なメロディーやオケとドラムンベースをくっつけた時点で、もう勝ったも同然というか。ありそうで(特に最近は)な…

「炉心融解」がすごくかっこいいので、ボーカロイド熱が再来しそう

久しぶりに書くエントリがボーカロイドオリジナル曲の感想だというのも、アレですが。 いやあ、この曲がすごいなーと。 連想したのはKUDUのTemptationという曲だったり。 Kuduアーティスト: Kudu出版社/メーカー: Velour Recordings発売日: 2001/04/28メディ…

私的録音録画補償金に関する認識の変遷と愚痴

asahi.com:iPodに「著作権料」上乗せ 文化庁提案へ - 文化・芸能私的録音録画補償金制度を初めて知った時は「何これ? そんなにお金がほしいわけ?」という感想だった。そのあと、色々文章を読んだりしているうちに、この補償金というものがどういった…

私的録音録画小委員会:ITproの報道によると、小六禮次郎委員の発言はひどいように思える

議論かみ合わぬまま、期限切れ迫る私的録音録画小委員会:ITpro私的録音録画小委員会の様子を伝える報道。議事録はまだでていないのであくまで「この記事によると」だが、小六委員のこの発言はひどいように思える。引用しよう。 また、小六禮次郎委員は「ユ…

初音ミクに捧げる20年前の魔法使い

個人的に、初音ミクをサンプラーが登場した時というのと重ねてみているところがある。 今でこそ「サンプリング」というと、「ある曲のフレーズや歌声などを取り込んで、他の曲で再利用する」というのが手法として確立している。場合によっては複数の曲を組み…

海燕さんへお返事申し上げます。/落合と亀田とSFと初音ミクと人気と実力について

まずは事情説明から。海燕さんがご自分のブログでこのようなエントリを書かれました。落合、亀田、初音ミク。 - Something Orange私はそのエントリをブックマークし、このようなブックマークコメントを残しました。 未だに「SFは冬の時代」という認識だとし…

私家版日本10大HIPHOP

私家版世界十大小説 - after game over はてなブックマーク - idiotapeのブックマーク / 世十本どんどん楽しくなってきたので、勢いがあるうちに日本のHIPHOPでもやってみよう!グレイゾーンアーティスト: Rhymester,佐々木士郎,山本仁,坂間大介,ジョン・ク…

私家版10大HIPHOP

私家版世界十大小説 - after game over はてなブックマーク - idiotapeのブックマーク / 世十本数少ない趣味の中から、HIPHOPのアルバムも選んでみますよ! はてなでは需要あまりないだろうけど!Low End Theoryアーティスト: A Tribe Called Quest出版社/メ…

私が知らないだけで、90年代の再評価って結構されていたりしますか?

数年前に音楽シーンを追うのはもうあきらめてしまっていて、最近は試聴で気に入ったCDを月に数枚買う程度になっているんだけれども。たまたまJAMNUTSのCDを買ったのよ。Nu JAMアーティスト: JAMNUTS出版社/メーカー: 江戸屋発売日: 2007/08/08メディア: CD購…

なぜJ-POPはアジアで売れていないんだろう?/ああ、「やっぱり駄目だった」って感じなのかも。

久々に輸入権の話題で盛り上がっている。嬉しいねぇ。 日本レコード協会、日本の楽曲の普及状況について報告会、今後は中国に力点 | BCNランキング Copy & Copyright Diary - J-POPはアジアで売れなくなっているbenli: J-Popのアジアでの落ち込み しかしなが…

KOHEI JAPANと日本の「リアル」なHIPHOP

Familyアーティスト: KOHEI JAPAN,Funky Lemonade,キエるマキュウ feat.KOHEI JAPAN,GAKU-MC,LITTLE,KOHEI JAPAN&F.O.H geek a.k.a.DJ TAIKI feat.Mummy-D,DOUBLE feat.Mummy-D&KOHEI JAPAN,嶋野百恵 feat.KOHEI,上戸彩 feat.KOHEI JAPAN,GAGLE feat.KOHEI J…

ジルデコ

ジルデコアーティスト: JiLL-Decoy association出版社/メーカー: ポニーキャニオン発売日: 2007/04/18メディア: CD クリック: 18回この商品を含むブログ (17件) を見る 久しぶりにCDをまとめ買いしたなかの一枚。視聴してイントロが良かったので買ってみたの…

私的録音録画補償金狂想曲と他力本願

著作物複製料の二重取り論は「ただの交渉道具」?−−文化審で論議:ITpro 若松氏をヒヤリングに招いた背景として、かねて議論となっている著作物複製料の「二重取り論」がある。これは、私的録音録画補償金の見直し問題の中で一部関係者から挙げられているも…

中高生にオススメしたい作品とはいったい何だろうか?

時をかける少女 限定版 [DVD]出版社/メーカー: 角川エンタテインメント発売日: 2007/04/20メディア: DVD購入: 1人 クリック: 171回この商品を含むブログ (445件) を見る時をかける少女 通常版 [DVD]出版社/メーカー: 角川エンタテインメント発売日: 2007/04/…

SOFFet最強説を唱えたい

ココロフィルムノート(初回限定盤)(DVD付)アーティスト: No Name Horses,GAGLE,佐藤竹善,SOFFet出版社/メーカー: エイベックス・エンタテインメント発売日: 2007/01/17メディア: CD クリック: 7回この商品を含むブログ (14件) を見る Lifeアーティスト: SOFF…

ここ数日の深夜残業中の9枚

職場がごたごたしてるなぁ……最近午前4時より早く店を出たことがないっすよ。グレイゾーンアーティスト: Rhymester,佐々木士郎,山本仁,坂間大介,ジョン・クレマー出版社/メーカー: キューンレコード発売日: 2004/02/04メディア: CD購入: 1人 クリック: 24回…

昨日の棚卸中の5枚

今回の棚卸はきつかった……11 Tracks of Whackアーティスト: Walter Becker出版社/メーカー: Giant Records / Wea発売日: 1994/09/27メディア: CD購入: 1人 クリック: 4回この商品を含むブログ (14件) を見る Fight to Winアーティスト: Femi Kuti出版社/メー…

昨日の深夜残業中の3枚

FIVEアーティスト: RIP SLYME,MELLOW YELLOW,BLACK BOTTOM BRASS BAND,YO-KING,KYON出版社/メーカー: イーストウエスト・ジャパン発売日: 2001/07/25メディア: CD購入: 2人 クリック: 11回この商品を含むブログ (64件) を見る Liquid Swordsアーティスト: Ge…

昨日の深夜残業中の5枚

昨日、深夜残業中にBGMにしていたアルバム5枚。Brown Sugarアーティスト: D'Angelo出版社/メーカー: EMI発売日: 1995/07/17メディア: CD購入: 3人 クリック: 24回この商品を含むブログ (23件) を見る ア・ビッグ・トレイン・カミングアーティスト: 村上“ポン…

地球ウォーカー

地球ウォーカーアーティスト: MELLOW YELLOW,YOUKID,椎名純平,WISE,坂間広平,折本欣也,高山裕樹,亀山晴児出版社/メーカー: ファイルレコード発売日: 2005/06/24メディア: CD クリック: 7回この商品を含むブログ (13件) を見るMellow Yellowの4枚目。去年の6…

日本レコード協会の生産実績

エンドユーザーの見た著作権: レコ協、言いたいことだけは大声で言う 上記エントリの後半で日本レコード協会(RIAJ)の公表したデータをもとに、最近の音楽ソフトの売り上げについて考察しているのを読んだ。 いや、私も忙しくなって挫折する前までは毎月生…

Waste of Pops すげぇ

Waste of Pops 80s-90sの6月12日付の文章がすごい! 著作権の話になると「権利者団体vs著作者・利用者」というわかりやすい構図にあてはめて物事を捉えがちなんだけれども、著作者の利益と利用者の利益は別に一致するわけではないということをわかりやすく書…

貴方好みのAmazonになりたい

Amazonをよく利用するのだけれど、Amazonって過去の注文の履歴とかを参照に「おすすめ商品」ってのをピックアップしてくれるじゃないですか。 利用したことがない方のために一応説明すると、ピックアップされた商品に対してそれぞれ「持っている」「興味がな…

dicegunさんからのコメントに返答(遅れまくっちゃって申し訳ないっす)

このサイトを放置している間に、dicegunさんから長文のコメントをいただきました。とても面白く読ませていただきました。ありがとうございます。 コメントをいただいたのはこちらの「CCCD雑感」というエントリ。このエントリ内での私の立場に対する反論…

元ちとせのアルバム「ハナダイロ」収録の楽曲「羊のドリー」と「恐竜の描き方」における、ちょっとしたフレーズと科学に対するイメージ

仕事が忙しくすっかり放置していたこの日記ですが、ゴールデンウィーク直後に転勤しまして。職場が変わり(今のところ)少々時間が取れそうなので復帰しようかなと。いや、いつ忙しくなるかわからないんで、また放置するかもしれないんですが。職場でサンプ…

エルヴィス・コステロはなんで第1次世界大戦を選んだんだろう

エルヴィス・コステロの曲に“Ship building”という美しいバラードがある(アルバム“Punch the Clock (Bonus CD) (Dlx)”収録)。基本的にバラードって好きじゃないのだけれど、ここまで美しいとなんとも。 で、この曲って第1次世界大戦を題材にした反戦ソングな…

THE MINSTREL SHOW(Little Brother)

あの9th WonderとMCのBig Pooh、PhonteからなるLittle Brotherの2ndアルバム“THE MINSTREL SHOW”を購入。 飛びぬけて印象に残る曲があるわけではない。しかしながら、アルバム全体を覆う空気が実に素晴らしい。 聞いている間はあの黄金時代へ戻ることができ…

逃げるんだよ、とにかく。

この夏は今のところ、もう目茶苦茶忙しいのである。特にお盆以降。 ありがたいことに客足も好調な上に買い取りも殺人的に好調で、その上棚卸3連発(ウチの会社は商品分野ごとにわけて棚卸をするのだけれど、今月は3つの部門の棚卸が重なってしまうのです)な…

絵文録ことのはさんからTBがきたのだけれど

起きたら絵文録ことのはさんからTBがきていた。有名なサイトさんなんでどういった内容かなあと見に行ったら、これまで出た見方をまとめた上で、広東語や北京語のラップもかっこいいっすよといった感じの内容だったので、今度機会があったら聞いてみようと思…

旅烏、怒る

オルタナソウルエイリアンさんはコメント欄とトラックバックの封印という結果に終わったわけですが、なんかもうそんなことは既にどうでも良く、私は今怒り心頭にきちゃっているわけであります。なにが頭にくるって、このmikelogueさんだ。 事の起こりはオル…

対岸の火事

さてさて、16時間勤務が続いて非常に機嫌の悪い旅烏さんがブログを更新しますよ。 オルタナソウルエイリアンさんは今日も元気に炎上中です。 幾人もの尊敬すべきアーティストやその予備軍たちが真剣に取り組んでいるアートに対して、ご本人曰く「考察は穴だ…

Musical Baton

お久しぶりのfacethemusicさんから、Musical Batonがまわってまいりました。ありがとうございます。 Musical Batonって何かというと、こういうものらしい。 海外のブログに端を発する、音楽に関する企画。 音楽に関するいくつかの質問が「バトン」として回っ…

“Be”COMMON

前作“Electric Circus”以来三年ぶりとなる6作目。2曲をJAY DEEがプロデュースしているものの、ほぼ全篇KANYE WESTの手によるといっていいほどのアルバム。前作が実験的な内容だっただけに、その延長線上を期待していた人には物足りないと思うけれども、ソウ…

冷たい○の中

何を今更ですが、一応クリップ。ファイト!★HIGHWAY61有線で最初聞いたときはビックリした(笑)。

OUTSKIRTS THE'UNOFFICIAL'LOST OUTKAST REMIXES

というわけで、FLOYD THE LOCSMIFによるOUTKASTのリミックス集。 OUTKASTの二人の許諾は得ているけど彼らの正規の音源ではないそうだ。 その判断は正解かもしれない。ひどい出来だわ、これ。 トラックの出来云々以前に、コード進行とか丸っきり無視していて…

ALKMANにおけるSUIKEN

いや、いままさにSUIKENのシングル“ALKMAN”を聞きながら書いている。いや、かっこいいよな、この曲。 少し前に聞きなおしたときに強く思ったのだけれど、この曲のSUIKENってTWIGYの影響が感じられるような。とくに3rd verse。 SUIKENのアルバムは持っていな…

今年良かったアルバム10枚

暮れも押し迫ったことだし、今年良かったアルバムを10タイトルほど挙げてみようかと。 気になるアルバムを全部購入できるほどの財力は無いので、チェックしていないアルバムのほうが多いことは言うまでも無い。 では、順不同で10タイトル行きます。 “Afterth…

なぜ2枚組にしたのか小一時間……

雑貨屋の広報掲示室さんのエントリ「60 Minutes」に激しく同意すべく、華麗にトラックバック。 そうそう。あまりに長いアルバムってのはだるいというかだれるというか。裏ジャケみて曲数が20曲以上もあったり、しかもそれが2枚組だったりした日にはもう嫌…