万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

艦これ2015年冬イベントの思い出 E-4 完全に作戦が悪いのよ篇

さて、E-4「敵機動部隊を補足せよ!」ですが、大苦戦しました。 E-3についてのエントリで、事前情報を収集し如何に早く自分の艦隊にとっての最適解にたどり着くことが出来るかがとても大事だと書いたような記憶がおぼろげにありますが、それがまったく実践で…

艦これ2015年冬イベントの思い出 E-3 当鎮守府で最高の練度を誇り世界で最も可憐な重巡洋艦であるところのマイラブリーエンジェル羽黒たん篇

さて前半戦最終節E-3「連合艦隊、出撃!」難易度は甲を選択。 これがね、案外あっさりだったのですよ。本当、艦これと言うのは事前情報を集めて如何に早く最適解にたどり着くかが重要なゲームで。それが出来ないRTA勢は本当、大変だろうなと思いますが。 …

艦これ2015年冬イベントの思い出 E-2 朝霜ゲットしたぜ篇

さて、E-1のところに輝く「甲」の文字。おおっ。ちょっぴり誇らしいですが「まさかもらえる「甲種勲章」ってこのグラフィックの事じゃないだろうな?」というかすかな不安を抱きつつ、E-2に進みます。今回も難易度は「甲」を選択。E-2「トラック泊地空襲」の…

艦これ2015年冬イベントの思い出 E-1夕張さんが楽しそうでなによりです篇

さて、艦これ2015年冬イベントの思い出を書いていこうと思います。ますはE-1から。 メンテナンス完了時刻を10分強くらい過ぎた頃にメンテナンス完了がアナウンスされ、まずはアクセス過多の為、ログイン画面にアクセスできない旨の画面とご対面。私は「ヘル…

須藤真澄「グッデイ」/史上最強の「ファンタジー」

誰しも生きていくにはファンタジーが必要だ。現実だけでは生きていけない。 ほんのひとかけらのファンタジーを支えに、私たちは今日も生きている。 「グッデイ」は長年、良質のファンタジーやエッセイマンガを描き続けてきた須藤真澄の最新刊だ。 帯に粗筋が…

艦これとその影響の話

定期的に「艦これでプレイヤーに悪影響が」ってな話が出てくる。それについて現時点で思っていることをメモ代わりに書いておこうと思う。まず、私はゲームにも歴史にも軍事にも政治にも詳しくない。というか、むしろ疎い方だ。であるから、これから書くこと…

為末大さんの古典的なHIPHOPに関する無理解に対してひたすらRHYMESTERのリリックを引用する

悲しいかな、どんなに頑張っても日本で生まれ育った人がヒップホップをやるとどこか違和感がある。またアメリカ人が着物を着ても最後の最後は馴染みきれない。私達は幼少期の早い時期にしみ込んだ空気を否定できない。— 為末 大 (@daijapan) 2014, 9月 18為…

MikuHop LPの感想(大変気に入っています)

先日ダウンロードしたアルバムを大層気に入ったので、簡単に感想を書いておこうと思う。 『MIKUHOP LP』 Release 『MIKUHOP LP』 Release - Stripeless”MikuHop LP“なるこのアルバム、上記URLより無料ダウンロードできる。いわゆるボーカロイドを使用した…

笑福亭たまさんがホームゲームで危険球を投げる

足の怪我もよくなったので、8月31日に久しぶりに落語を聞きに出かけた。高津宮は高津の富亭でこの8月に14日間開催された高津落語研究会特別講演の最終日、千秋楽という奴だ。 野球やサッカーなどでホームとかアウェイとか言うが、完全なるホームだった…

旅烏提督の夏イベ後夜祭

※今月ブログにアップロードできる写真の容量を使い切ってしまったので、文字のみ載せておきます。noteの方には写真付きで同様のテキストを上げてありますので、是非そちらの方をご覧ください。 旅烏提督の夏イベ後夜祭|旅烏|note さて、E-6攻略が終わった…

旅烏提督の艦これ夏イベント攻略日記(E-6は各資材2万で十分なのよ篇)

※今月ブログにアップロードできる写真の容量を使い切ってしまったので、文字のみ載せておきます。noteの方には写真付きで同様のテキストを上げてありますので、是非そちらの方をご覧ください。 旅烏提督の艦これ夏イベント攻略日記(E-6は各資材2万で十分な…

旅烏提督の艦これ夏イベント攻略日記(E-5、飛龍と伊168の効果をちょっぴり調べてみた篇)

※今月ブログにアップロードできる写真の容量を使い切ってしまったので、文字のみ載せておきます。noteの方には写真付きで同様のテキストを上げてありますので、是非そちらの方をご覧ください。旅烏提督の艦これ夏イベント攻略日記(E-5、飛龍と伊168の効果を…

旅烏提督の艦これ夏イベント攻略日記(E-4、いよいよ陸軍の出番であります篇)

さて、E-4。ミッドウェー島の攻略作戦である。あきつ丸がカギを握る。 確かに島嶼の攻略作戦なんだから、実装されている中では唯一の揚陸艦であるあきつ丸が活躍するんだと、言われてみればその通りなのだけれど、いや、事前にあきつ丸が必要になることを予…

旅烏提督の艦これ夏イベント攻略日記(この世の楽園E-3篇)

というわけで、第3海域よりMI作戦となる。 AL作戦に一回でも出撃した艦娘は、続くMI作戦には参加することが出来ない。全く別方向で展開される作戦だから同一の艦娘が参加できるというのもおかしかろう、ということで、このイベントは「戦力の逐次投入…

旅烏提督の艦これ夏イベント攻略日記(E-2篇)

さて、E-2攻略である。AL作戦はこれにて完遂となる。 これが全景。下ルートでうまいこと固定できた。 そしてこの海域のボスである「北方棲姫」は幼女である。 幼女である。 幼女を苛めるような趣味はないのだが、仕方ないね。 仕方ないね。 さて、この海域…

旅烏提督の艦これ夏イベント攻略日記(E-1篇)

去年の8月から艦隊これくしょんをプレイしているのだが、一つ後悔していることがある。細かく記録をとっていなかったことだ。記録をとっていたら「この時にこの艦娘をドロップしたのか」とか「このイベントの時にボスにとどめを刺したのはこの艦娘だったのか…

米團治さんの飛び道具と米二さんのビート

今日は動楽亭の昼席に行ってきた。番組は、敬称略で 鯛蔵…阿弥陀池 しん吉…若旦那とわいらとエクスプレス 雀喜…うなぎや 出丸…皿屋敷 中入 米團治…片棒 米二…青菜米團治さんの「片棒」がとんでもない飛び道具で。なんと、登場する親旦那が米朝師匠なんだよ!…

「GODZILLA ゴジラ」の感想を書きますよ(ネタバレあり)

「GODZILLA ゴジラ」の感想を書きます。ネタバレあり。それもかなり盛大に。未見の方はくれぐれもこの先を読まないでください。 では、いきます。 もうね、大絶賛しますよ? これは「子どもにもわかるように作られた震災映画」です。異論は無かろう? 一番の…

自動販売機の不可能性について

人工知能に関するトピックの一つにフレーム問題と言うものがある。 ウィキペディアの当該項目(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%95%8F%E9%A1%8C)から引用すると 「フレーム問題(フレームもんだい)とは、人工知能に…

「松喬十六夜」の「寄合酒」

DVDBOX「松喬十六夜」を少し前に購入した。癌であることを公表され闘病生活に入ってからの高座が収録されている。期間的には2012年の10月から2013年の4月まで。闘病生活に入られたのが2011年の12月、亡くなられたのが2013年の7月30日。 楽しみにはして…

真夏の「福禄寿」と「緊張の緩和」

今日は道頓堀ZAZAに行ってきた。柳家さん喬ひとり会。会の開演まで時間を潰そうとあたりを歩いたら、キャッチに声をかけられてウザったいことこの上なかった。行く度にそんな感じだから、道頓堀ってあまり好きじゃないんよ。 会の方は開口一番で小鯛さん…

客席の雰囲気

今日は久しぶりに繁昌亭の昼席へ行ってきた。今週は二乗さんの繁昌亭輝き賞受賞記念ウィーク。二乗さんが出演するのはもちろんだが、毎日口上がある上に、米二さんが毎日トリをとられる。私が一番好きな落語家さんが米二さんであるので、前々からすごく楽し…

歌う落語家さんたち

今日は笑福亭仁智さんの勉強会「笑いのタニマチ」へ行ってきた。仁智さんみたいなベテランが、勉強会でジャンジャンネタおろししてるんだから、すごい。 常連さんが多いんだろう、時に観客から声が上がり、仁智さんもそれに応えるという、完全なホームの雰囲…

落語会の雰囲気

今日は大美落語会に行ってきた。第二十回記念公演と銘打たれているが、スペシャルゲストを招くというよりも信頼のおける腕っこきを集めたような番組。ネームバリューだったら次回出演予定と告知されている南光さんの方が上だもんね。今日の出演者は敬称略で…

ディスレクシア

とある方が学習障害(ディスレクシアかな?)なのではないかと思える様な文章を読む機会があり、その方の現在の姿を思い浮かべ、少し心動かされるなどしている。 下手にもったいつけるよりもちゃんと書いた方がいいか。えーとね、今日行った上方落語勉強会の…

桂雀太さん

桂雀太さんの落語を聞いてきた。雀三郎師匠の三番弟子。 この人の独特の間というか、キャラ設定と言うか、空気感と言うか、そういったものが好み。 まだ「若手」に分類される落語家さんなのだけれど、間をしっかりとって、自分のテンポで話してらっしゃる感…

帯屋久七について思う事

今日はiPhoneで落語を聞きながら残業していた。松喬さんの「帯久」が印象深い。DVDBOXを音だけ録音してitunesに放り込んであるんだけど、この「帯久」、生で見てるんだよなぁ、私。 帯屋久七と言えば、和泉屋与兵衛に何度も金を借り、返すために持参し…

日記

1日、遅番。映像化コーナーを春仕様に変更。2日、終日家でゴロゴロ。前日、真夜中まで働いていると、次の日の昼に行きたい落語会があってもいけないことが多くて残念。3日、銀行に行って、床屋に行ったらももやま亭に間に合わない時間になったので繁昌亭へ。…

日記

遅番。28時半まで勤務。珍しく順調。

日記

29日。中番。シフトを間違えて朝に出勤してしまい、一度戻って二度寝。 件のクレーマー来店せず。私は彼を心の底から憎んでいる。 夜、中学生と思しき二人組の男。何度注意しても床に座り込む」。4度目の注意の時点で退店させようとしたが帰ろうとせず、押し…