万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

RIAJ必死の釈明

OTO-NETAさん経由、音楽配信メモBBSからの情報、The Trembling of a leafさんも、同じ話題について論評を加えてらっしゃいます。
なんでも、読売新聞に社団法人日本レコード協会(RIAJ)が意見広告を載せたそうで、まあ、選挙前のこの時期に、RIAJが釈明したわけですな。
以下、引用させていただきますと……

−−−−−−−−−−
音楽ファンのみなさまへ 「音楽レコードの還流防止処置」について

1.改正著作権法は、誤解されています。
日本の音楽文化の海外への普及を可能にする著作権法改正法が国会で成立しました。この改正法は、消費者への利益確保しつつ音楽文化の振興を図るものであり、衆参両議院が全会一致により成立しました。にもかかわらず、改正法の趣旨が十分理解されず、洋楽CDの輸入盤を止める法律ではないかとの誤解も生じていることを、私達が大変残念に思っています。

2.邦楽CDに限定されていないのは条約上の要請です。
私たちは、邦楽CDの日本への還流防止措置が必要と要望してまいりました。改正法が還流防止措置の対象を邦楽CDに限定しないのは、条約上の要請から日本と外国を平等に扱う必要があったからです。しかし改正法は、日本と比較して権利者の得る収入が著しく差のあるCDに対象を限定しているため、基本的に欧米からの輸入CDには対象になりません。

3.附帯決議を重く受け止めます。
衆参両議院の附帯決議では、欧米からの洋楽CDの輸入が阻害されるときは、還流防止措置の見直しが必要とされています。私たちは、附帯決議を立法府の意思として強く受け止め、公正取引委員会や日本経団連が求める「消費者利益」を最大限尊重し、万一欧米からの洋楽CDが阻害される場合には、還流予防措置の廃止をやむを得ないと考えています。

4.欧米からの洋楽CDの輸入盤は止まりません。
5メジャーズといわれる世界の大手レコード会社も、欧米で製造・販売しているCDの日本への輸入を禁止しないことを表明しています。また、アメリカレコード協会も、その会員社(約1000社)が同じ考えであるとのことを認識していますので、どうか安心してください。

・結びの言葉
私たちは、「音楽レコードの還流予防措置」の導入によって、世界の国々との音楽を通じた文化交流を促進し、全国の音楽ファンのみなさまに国内外の幅広いジャンルの音楽を楽しんでいただけるよう、努めてまいりますのでご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−
とまあ、様々な批判には答えることなく、以前からの言い分をなんのひねりも無く繰り返しているだけの代物です。
進歩がねえな
私の言いたいことは、上記OTO-NETAさんとほぼ同じですので割愛させていただきます。引用元であるOTO-NETAさんを是非お読みください。
しかし、この法律が、日本の国内における音楽文化の育成なんざ端っから眼中に無い、日本のレコード会社のアジア進出のために作られたものであることは既に明らかであるのに、今更こんなこと繰り返しているRIAJの姿は、実に滑稽です。
態度には誠意が無いし、統計データは穴だらけ。
いままでもそういうやり方でやってきていたのに、私たちが気付いていなかったってのもあるかと思うんですが、もう気がついてしまったので、誠にご愁傷様です。
これからは目を離してあげませんので、末永いお付き合いの程を>>RIAJ

追記:トラックバックいただいた造反有理さんによりますと、この意見広告、東京では、6月30日に朝日新聞、読売新聞、及び産経新聞、7月1日に毎日新聞、7月2日に日経新聞、7月3日には東京新聞に掲載され、また、各紙の地方版にも7月3日までの期間に順次掲載されるそうです。
造反有理さんも指摘されているように、この意見広告のために費やされた巨額の費用のことを考えると、気が遠くなるわけですが。
このご時世に、なんでこんな、お金をドブに捨てるようなことをするんでしょうか。不思議です。
この広告の効果が出ると考えているのなら、もっと不思議です。

広告を非表示にする