万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

残暑厳しいおり、参加型音楽配信コミュニティでござい

唐突でなんだが、私、クレジットカードを持っていない。
無駄遣いの気があるので、用心のために持たないようにしていたのだ。


さて、高橋健太郎氏が予告していた、音楽配信の新しい動きというのが明らかになった。
それがこちら、参加型音楽配信コミュニティ レコミュニでござい。
レコミュニとはなんぞや? ってのは、当のサイトに詳しく説明してあるので、是非お読みいただきたいのだけれど、ここでも簡単に仕組みを説明すると…


・会員が自分がアップしたいと思う曲をアップロードする

・その曲の権利処理をレコミュニが行い、権利処理が済んだものを公開する(もちろん、権利処理がまだなものや、許可が得られなかったものは公開されない)

・公開されたものを、会員がダウンロードする(有料、月ごとにクレジット決済)

・価格は権利者が設定(レコミュニは100円推奨)

・会員になるには、他の会員の紹介が必要

・個人会員のみ。法人会員不可

てなところか。9月7日からβ版運用開始だそうだ。
高橋健太郎氏は、御自分のBlogで「明日一日で、国内の主要なインディー・レーベルの参加も取りつけたいですね」と、頼もしいことをおっしゃっている。将来的にはメジャーレーベルも追随するだろう、と。


これを読んでまず思ったのは、実は「これで色んな音楽が聴ける」ではなくて……
「うわー、アップしたい曲、たくさんあるぞ!」
だった。そういう人、結構多いんじゃないだろうか?

新しい試みだから、色んな問題点が指摘できるだろうし、思いもかけない新たな問題点が出てくるってこともあるだろう。
が、圧倒的に面白そう。
カタログ数という点では、iTUNEやMoraには、到底敵わないだろう(少なくとも当分の間は)。
しかし、そのどちらにも載っていない楽曲がアップされることも、これまた間違いあるまい。
そして、そのラインナップを決定するのは、私でありあなたなんだ。これが面白くないわけがない。
トップダウンのサービスが、今ひとつ支持を得られていない中で出てきた、ボトムアップの発想だ。これが支持を得られないということも、まずないだろう。
当分の間は、注目度に比して、会員になりにくいという問題も起きるだろうが、それはコミュニティが広がるにつれて、徐々におさまっていくだろう。
なにはともあれ、私にとって最大の問題は、知人に会員がいるかどうか。
そして、どこのクレジットカードを作ることにするか、だ。
さらに、おそらく最大の難関は、こないだまで無職だった私に、カードなんざ作れるかどうか(笑)

さて、関係ないんだが、recommuniフェローなるコンテンツに、まあ、おそらくサービス立ち上げにかかわった(もしくは賛同した)方々なんだろうが、音楽関係者を含む何人もの方の名前が列挙されている。
その中に、脳研究者の茂木健一郎氏の名前があって、びっくりですよ。
レコミュニクオリア、何か関係があるんだろうか?(笑)