万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

どなたかいい研究や調査を知りませんか?

こないだから考えているんだけども、いや、著作権の話。というか、マーケットの状態の話。
すっごく戯画化して表現すると

A「中古屋やレンタルや図書館のせいで売上落ちてるんだから、寺銭よこせ」
B「売れてないのはおもしろくねーからだろ」

という主張がそこかしこで見られるのは皆様ご存知の通り。
で、「(例えば)新刊書店は中古屋やレンタルや図書館のせいで痛手を受けている(もしくは受ける可能性が高い)」(書店に限らずレコード店でもゲーム屋さんでもOK)
もしくは「新刊書の売上不振はその他の要因によるものだ」
というのをきちんと検討した文章って見たことないな、と。
ここでいう「きちんと検討」というのは、理念的とかポリシーとか法的にどうたらいうのではなく、実際に売上のどのくらいが影響を受けているとか、著作権法を強化することでどのくらいの経済効果が見込まれるとか、そういう奴。
これは私も大いに反省せねばならないところなのだけれども、肝心のマーケットの現状分析やらなんやらがごっそり抜け落ちた形で、理念的、時に感情的な形で議論が進んじゃってるなあ、と。
これ、要するに斜陽産業をいかに立て直すかって議論でしょ? なら、数値的な検証を軽視しすぎてるかもな、と。寺銭取ってみたけど結果的に立ち直りませんでしたってなオチだったら、笑うに笑えないからねぇ。

蛇足だけれど、これが違法コピー・カジュアルコピーについての話だったら、まだ曲がりなりにも数値が示されてはいるんだよね。その信頼性はまた別の話。

てな感じで大いに反省した私は(自分で言う奴は大抵反省してないんだよ)、どこぞにいい研究や調査はないかと、悪い子を探すナマハゲのように探索中なのだけれど、これがなかなかみつからない。
くたばれ!さくらいのさくらいさんからこれを教えてもらったんだけれど、どうも杜撰さが目に付いちゃうんだよね。特にこれ(関係ないけど、これってレコード輸入権が通過した国会で一緒に提出されてた奴だよな。レコードのほうに目が行って全然気にしてなかった)。
でも、俺が知らないだけでもっときちんとした研究・調査はあると思うんですよ。うん。例えば、The Trembling of a Leafさんでこないだ紹介してたこれとか。
さらに言うと、個々の調査・研究ではその方法にケチの付け所があったとしても、様々な(ここ重要)調査・研究で似たような結果・結論が出ていれば、ちったあ信頼性も高まるというもの。
そこで、このエントリをご覧の皆さんにお願いがあるんですが。

どんなのでも良いからなにか「中古屋・レンタル・図書館等がマーケットに与える影響」について扱った調査・研究をご存知でしたら教えていただけないでしょうか?
これを片付けないと、議論が先に進まないような気がするんですよ、どうも。