万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

ブックオフがオンラインに参入だそうで、オンライン新古書店とか営業譲渡とか

おばんでやす。眠い。貧乏暇なしとは良く言ったもので、真っ当な勤め人であるはずの私が何故にこんな時間にエントリを書いているのだろう?
それはともかく、ブックオフがオンラインの方にも進出を表明ということで、はてなブックマークでも話題になっていた。記事はこちらAV Watchの記事が詳しいみたい。
でも既にeBOOKOFFってのがあったよなあと思ってそのサイトを眺めていたんだけれど、どうも今まではeBOOKOFFとリアル店舗のブックオフ間にはほとんど連携がない状況であったということが窺える。ココのところを改善することが出来ればオンライン店舗に並ぶラインナップの改善が期待できるわけで、そこのところを狙っているのかしらん?
とか思ったら件のAV Watchの記事には

 なお、オンラインサービスの詳細は未定だが「リアル店舗の在庫と連動したシステムではなく、オンラインはオンライン用に揃えた中古在庫の販売を行なう予定。品物が不足した際に、リアル店舗の在庫を回すという連携も検討しているが、サービス開始当初はリアル店舗でさばけない在庫を海外店舗だけでなく、オンライン用にまわすといった連携が主になる」としている。


とあって、ありゃ、見込みが外れたかな。ただ単に「子会社制やめて直接やります」ってなことだったらがっかりですが。どうなるんだろう。
リアル店舗の在庫と連動したシステムを構築するためには、各店の在庫のデータベース化が問題となるわけだけれど、古本の在庫のデータベース化に関しては(私の知る限りでは)新古書店各社とも立ち遅れているはず(ここら辺に関してはこの間話題にしたので、よろしければこちらのエントリもどうぞ)。


大手では他に古本市場もオンライン上で店舗を展開している。こちらではリアル店舗との連携はどうかというと、予約した新品ゲームについては実際の店舗でも受け取りできるものの、それ以外の商品に関しては五十歩百歩といったところのようだ。やっぱし、古本在庫の単品管理ってのが業界共通の課題として浮かび上がってきそうな予感。


ただ、オンライン上では最大のライバルはやっぱしAmazonのマーケットプレイスだわな。実際に利用しようということになったとき、並んでいる商品のバラエティではこの2社ともAmazonの足元にも及ばない。まあ、マーケットプレイスを出品側として利用するという選択肢もあるし、実際にそうしている例もありそうな気配がするので、一概にライバル関係とは言えないのかもしれないが。
やっぱりここでも古本の在庫管理というのが問題となりそう。
……大変そうだなあ、おい。あの在庫を1点1点スキャンしていくのか。泣いていいですか? 今だけあなたの胸で泣かせてください。ショートヘアの美人募集中。


ところで新古書店の大手というと、もうひとつブックマーケットが思い浮かぶ。こっちはどーなってんのかなあと久しぶりにサイトを見に行ったらですね、なんかえらいことになってやがる(リンク先はpdfファイルにつき御注意)。うわあ、とうとう新古書店見捨てやがったか! 最近はやけにセカンドストリート(家具や古着などの中古を扱う店舗)形態の出店が増えたなあとか、こないだお膝元の四国に行った時も古本以外を扱う店が以前より目に付いたなあとか思ってたんだが、そういうことか!
そういう選択ももちろんありで、実は前述2社にもその気配がないわけではないあたりがなんともはや。わはは。