万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

電気用品安全法への当店の対応について

なんか、私がネットから遠ざかっている間に電気用品安全法で盛り上がっているみたいっすね。こんなまとめサイトも出来ているし。
いや、実は先日、本社から通達が来て、それでこの法律の存在をやっと知ったような感じでございましてね。寝耳に水。


私の勤め先の場合、新品及び中古のゲームで影響があるわけですな。
つまり、4月よりセガサターン本体、ドリームキャスト本体、PS-ONEを除くプレイステーション本体、プレイステーション2の初期の型番の奴などが販売できなくなるわけでして。4月になってもまだ売れ残っている在庫については廃棄処分する形になります。
だもんで、これらの商品に関しては、当店でも既に買取を中止しております。
ですので、当店の対応といたしましては、後は「ドリキャスが消える!?」みたいな煽り気味のPOPでもつけて、なるべく売り切って終了、と。


いや、実は短期的にみると大した損害にもならないのよね(もちろん、業種によっても会社によっても抱えている在庫量に違いがあるだろうから、これで経営が苦しくなるっていうところもあるとは思うけど)。
長期的には確実に問題になるだろうけどね。これらのハードに対応したソフトの中古市場における寿命ってのも確実に縮まっただろうし。タイムスタンプなんていう大馬鹿野郎な話も出ているみたいだし。
ウチの会社に関して言うと、損害は出るけれども会社の経営を圧迫するほどのものではなく、マニアックなユーザーにしわ寄せが行って終了。
もうちょっと長いスパンで言うと、ハードが流通していない機種のゲームなんて売上が落ちるに決まっているので、それらのゲームを扱う規模が縮小し、またもやマニアックなユーザーにしわ寄せが行って終了。
最終的に消費者が損をしておしまいという、とてもわかりやすい構造の法律だと思いますよ。




関係ないけれど、いくつかの都道府県で、青少年保護育成条例みたいなのが強化されて、これがまた一部のゲームや本の販売に関わってきて非常に煩わしかったりする。これもどこかで話題になったりしてないのかしらん? 神奈川だか横浜だかのゲーム規制が以前話題になったけれど、着実に広がっちゃってますよという感じで。