万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

新古書店が金を払えと言われる二つの理由と、俺が金を払いたくねえなあと思う二つの理由

脈絡ないけれど、ちょっと前から考えていたことなんで書いておこうかと。


ええと、私は新古書店の店員であります。
新古書店が著作権者に「お金払ってくれない?」と言われる理由は、私の知る限り二つあります。


・「新古書店とかのおかげで収入が減って生活が苦しいのよ。そもそも新刊が出なくなったら元も子もないわけだし。お金払ってくれないかな?」

 これ、確かにそうだなあと思うんですが、「じゃあ、いくら払ったら著作者の本来得られるはずだった利益をカバーすることになるのかしら?」となると、さっぱりわかりません。
「新古書店やマンガ喫茶や図書館からお金がもらえるように要望しなきゃ」という声はよく聞こえてくるんですが、具体的に「だいたいこれくらいの利益が侵害されているんで、このくらいいただけませんかね?」という試算が、ほとんど示されないんすよね。
 こっちゃあ言ってみれば身銭を切るわけですから、「身銭を切ったけれど、あまり効果はなかったです。てへっ」ではすまないので。そこらへんはきちんとした見通しをもってやってほしいわけです。
 そういった事前の試算を怠った結果がどうなるかというと、根拠が若干怪しげなシンクタンクの報告書に基づいて法改正したのはいいものの、効果が上がってるんだか上がってないんだか、逆にアジアでのライセンス数が減っていたりする音楽CDの還流防止措置や、その影に隠れた形でうまいこと法改正したはいいものの、事前準備がまったくもって足りなかったせいで権利の管理機構も機能しておらず、なにがなんだかさっぱりわからない雑誌・書籍の貸与権みたいな例を見ちゃったわけですから。
 そりゃまあ、今の状態じゃお金、払いたくないっすよ。





・「利益の侵害とか云々じゃなくてさ、そもそも著作物を大々的に利用しているのに著作権者に還元されないってのがおかしいんだから、きちんとお金を還元させるようにしようよ」

 これ、一見もっともらしいんですが、実は私、こっちの理屈の方がわからないんですよ。
 古物営業法の下で中古品を扱っている商店って多岐多様なわけです。当然、著作物のみが扱われているわけではありません。中古車とか、釣具、ゴルフ用品、楽器、衣料品、電化製品、様々な物が扱われています。
 その中でなぜ著作物のみが、中古品の流通からも利益が得られるような特権を得ることが出来るのか、その根拠というものがさっぱりわかりません。
「いや、その中でも著作物は特別なんだ」といわれたこともあるんですけど、じゃあ何が特別なのかというと、やっぱりわからない。
 デジタル複製のことなんかも絡めて「著作物では新品と中古品との間に差が少ないから困るんだ」ってな話も聞くんですが、これもなんだかなあ。そもそも、そういった差を気にしない人が中古品を買う、言い換えると中古品のマーケットを構成しているんと違いますか? 内容が全く同じなのだから著作物の性質上等価なんだとか言われても、じゃあ車だって走るから等価だし古着だって着れるから等価じゃんと思うし。完全に等価なんて著作物の中古でもありえないと思うし。著作物を車や服より上に置く理由というのがわからないし、車や服を著作物より下に置く理由というのもわからないし。
 おまけに欧米でもこのような制度はないから、権利者側お得意の「欧米並みの権利保護を著作権者に与えるために」って言う理屈も使えないしね。
 さっぱりわからないのに、お金払いたくないっすよ。
 これが「全ての中古品で作り手に利益を還元するような社会を作っていこう」ってんなら、まだ考え方としてはありだと思うんですがね。