万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

おこりじぞう

今年も戦争について考える季節になった。
反戦文学というと思い浮かぶのはドレスデンの大空襲経験者であるヴォネガットの「スローターハウス5」であったり、こうの史代の出世作にして今の時代に現れた鬼後のようにも見える「夕凪の街 桜の国」であったりするんだけれど、ふと「おこりじぞう」のことを思い出した。

おこりじぞう (新日本おはなし文庫 6)

おこりじぞう (新日本おはなし文庫 6)

読んだのは小学生の頃だったかな。