読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

それでも著作権の問題の多くは経済的な問題である 或いは 敬意ってなにかね?

音楽業界関連 出版業界関連 著作権

著作権法:著作権問題は経済問題ではない?


引用すると

 著作物は「経済財」としての意味は大きいのですが、権利者の行動は、経済学が想定している合理的なものではないと思います。「感情」がどんな行動を取るかの決定に与える影響は非常に大きいのではないかと思います。
 その意味で、私は著作権をめぐる様々な問題の多くは経済問題ではないと考えずにはいられないのです。

ごもっとも。同意できる。
さらに

学校等における著作権教育も、著作権制度のルールを教えるのではなく、著作者等に対する敬意の念を持つようにする教育であるべきではないでしょうか。人々がそうした気持ちを持てば、多くの著作権上の問題は解決の道が開けるのではないかと思います。

少々理想論チックではあるけれど、首肯できると思う。うんうん。


問題は、実際に著作権の改正に関して著作権者側から成される要求・主張の多くが経済的なものであるということだ。
CDの還流防止措置しかり、書籍の貸与権然り、著作権保護期間の延長然り、公貸権然り、マンガ喫茶を視野に入れた展示権しかり、中古販売を視野に入れた消尽しない譲渡権しかり。
その主張をするに至った動機というものが経済的なものであるか、感情的なものであるか、それはひとまず関係ない。
動機がどうあれ、経済的な要求をしているわけであるから、経済的な精査を免れ得ないし、法律の改正という形でその要求を達成しようとしている以上、法学的な検討も免れ得ない。
理想論を承知で言えば、そのような検討の場においては、権利者・メーカー・消費者・その他の関係者、あらゆるものの感情は排除されるのが望ましいとさえ思える。
そこで問題とされるべきは「それって理屈通ってんのか? それやって本当に効果あんのか?」だ。
主張するまでは感情的で結構。しかし、それを検討するとなると感情は排除されるのがむしろ好ましい(とまあ、感情と感情のぶつかり合いになることもしばしばですが(笑)。他人事じゃないんだけどな。少しは反省しろ、俺)。
検討の場においても権利者の感情に配慮するべきだとなると、それはもはや、私の知っている「敬意の表し方」とはあまりにも異なる。
上記のブログ「著作権法」では、そこまでの記述はされていない。しかしもしそのような主張がどこかで成されるようであれば、それには到底首肯することが出来ない。