読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

補償金とDRM/二者択一論の背景/補償金から保証金へ

著作権

音楽配信メモ 「ダウンロード違法化/iPodの補償金対象化」がほぼ決定した件と、ITmediaの記事で抜粋されている発言についての補足

もうすでに各所で話題になっている記事につき、手短に。
上記の記事に対して「補償金をとればDRMがなくなるのか。DRMをとれば補償金がなくなるのか。そんなことはないだろう。二者択一というわけではない」という疑問や批判が出るのは、まあ、なんつーか、「どの程度先を見ているか」のスパンの違いの問題だなと思う。
現状においては、確かにその通り。
津田氏もそんなことは充分に承知した上で、上記の記事を書いている。と、思う。
その上で、「DRMと補償金、両方ともという現在の枠組みから、二者択一の枠組みに進めていくことは出来ないだろうか」という、現在の次の段階の話をしているのだ、という風に私は理解している。
考えるべきは、現在の枠組みからと二者択一的な枠組み、どちらが好ましいかということであるし、二者択一的な枠組みが好ましいと考えるなら、その枠組みの実現のためにはどのようにすればよいか、ということだろう。現状において二者択一になっていないというのは、単なる現状把握に留まる(もちろん、二者択一的なものとは異なる枠組みを、次に目指すべきものとして積極的に打ち出しているのなら話は別だ)。


個人的には、この二者択一論というのも、また私的録音録画補償金をめぐる「そもそも論」なのだと思う。
今まで問題にされてきた「そもそも論」とは、「そもそも、私的複製による経済的損失ってどの程度あるのか。それは補償金とるくらいの規模のものなのか」といったものだった。
この形での「そもそも論」は、主張はされたけれど権利者側には取り合ってもらえなかった、というのがこれまでの経緯。


で、DRMと補償金の二者択一論というのは、「そもそも補償金は何のために払うものなのか」というところを問題にする「そもそも論」なんだと思う。
これまでよくなされていた説明では「補償金というのは、私的複製で生じた権利者の利益損失を埋め合わせるものだ」というものだった(だからこそ「じゃあどのくらい損してるの? そもそもトータルで本当に損してるの?」というのが問題になったわけだが)。
対して、二者択一的な枠組みの中での補償金制度というのは先回りだ。今現在どのくらいの損失が出ているのかというのを、大して問題にはしない。
先にお金払っとくから、私的複製させてよね、という奴だ。いってみれば補償金というよりも保証金。
補償金であるからこそ「なんで複製をしていないのにお金払わなきゃいけないの?」というのが問題になるわけだけれど、保証金では払うお金というのは「これから先、私的複製をすることが出来る機会や状況を保証するもの」へとその主旨を変える。
つまり、「『ほしょう』金制度」の主旨を大幅に変更しませんか? という大胆な提案であったりするのだ。


この新たな「保証」金制度、権利者の発言の中にもその萌芽が見られるというのが面白い。
具体的には椎名和夫氏の構想するインフラ構築であったりするのだけれど。
氏の委員会における発言や、「CONTENT'S FUTURE」での対談とかに、そんな話が出てくる。


さあこれから先どうするか。
補償金制度を細かく修正していくという今のやり方を継続していくか。
それとも新たな「保証金」制度を目指すのか。
それとも、全く別の道があるのか。
自分の考えを書いて、パブリックコメントに送ってみようじゃないか。短くてもかまわない。


全然、手短にならなかったなぁ(笑)。


CONTENT'S FUTURE ポストYouTube時代のクリエイティビティ (NT2X)

CONTENT'S FUTURE ポストYouTube時代のクリエイティビティ (NT2X)