読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

いやいや、アイデアは著作権では保護されませんって!

いいめも開発ブログ | いいめもダイエット サービス停止のお知らせ

しかしながら、著者の岡田氏より、「記録をしてダイエットに結びつけるという発想は、私の著作からスタートしていますので、見た目上はただの記録するのに便利なものですが、それをダイエットに結びつけているという点で言えば、私の著作の核心と同一ですので、著作権の侵害に当たる可能性が極めて高いと思います」などのご指摘をいただき、「「いいめもダイエット」の取り下げを希望いたします」と求められました。

岡田氏のダイエット本は未読だし、いいめもって言うサービスもしらないんだけれども。
いやいや、アイデアは著作権では保護されませんってば!
ていうか、アイデアが著作権で保護なんかされたら、大変なことになっちゃうってば!
岡田氏が「俺のアイデアで商売するな!」って感じで取り下げを希望するのは自由だけれども、その理由に著作権を持ち出さないでおくれよ!


アイデアが著作権で保護されたら、もう大変ですよ!
H・G・ウェルズの死後五十年間、タイムマシンというガジェットを自由に使えないとかさ、「俺の考えたトリックを真似するな!」ってエラリー・クイーンディクスン・カーが誰かを訴えるとかさ、そもそも「ブログ」という形式を最初に考えて実現した企業/個人って? とかさ、『「刑事コロンボ」や「古畑任三郎」は倒叙ミステリというアイデアを使っているからパクリだ!』とかいう訴訟とかになったら、俺、号泣するぜ*1


先に書いたように、岡田氏の本も件のサービスも知らないんだけども、例えば、岡田氏が著作で図表を用いて説明とかしていて、その図表をまんま使用したようなサービスだったとかだったら、著作権でもひっかかってくるかのうせいはあるだろうけど、岡田氏自身のコメント内に「見た目上はただの記録するのに便利なものですが」という表現があるし、その可能性は低いんだろうなぁ、多分。
ていうか、アイデアが著作権上ペケだったら、盗作騒動の唐沢俊一氏、どうなるのよ(笑)。

*1:わかりやすくするための例を挙げているので「現在では死後五十年たっているのでそのアイデアは利用可能ですね」というのはご勘弁を