読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

「本を捨てられない」という微妙な感情は1/3も伝わらない。

書籍 出版業界関連 仕事

1/3の純情な感情

1/3の純情な感情

いや、SIAM SHADEはさておき。

「本は捨てられない」という微妙な感情 : 活字中毒R。

いや、新古書店員ですから、何か書いておいた方がいいかなとか思って。
引用されている喜国氏の主張については、スルー。まあ、きれいにプロパガンダに乗っかっている感じで、よろしいんじゃないんですかね。昔の発言だし。
それはそうと、実際に本を持ち込まれる側として、どんなタイプの人が売りにきてくれているのか、考えてみたですよ。


・窃盗犯による盗品の持ち込み
これに関しては過去に何度かエントリ書いているので、深入りしません。なんというか、不幸になるといい。
もちろん、件数的にも冊数的にも金額的にも決して主力ではありません。一大勢力でもないです。ぜひともいなくなって欲しいです。というか、不幸になるといい。



・換金目的が主である人
もちろんたくさんいらっしゃいます。ウチの店では、割と高価買取商品の買取告知をがんばっているんですけど、告知の前で「へー、○○って××円で買取ってるんだ」「お前持ってたじゃん。売れば?」「うーん、どうしよっかなー」的な会話を聞くこともしばしば。
中古品の買取というのは、中々仕入れのコントロールが難しいですので、こういった告知でがんばったりするわけです。告知している商品ももちろん狙っているのだけれど、そのついでに持ってきてくれる商品というのも同時に狙っていたりしますね。


・計画的・習慣的に売ってくれている人
いらっしゃいます。数はあまり多くない感じですが。少ない冊数を定期的に持ってきてくれるような人。金額的にはさほどにもならないことも多いので、スペース確保目的、計画的な整理目的なのかな、などと思ったりしますが。読んだ先から、たまる前に売る、みたいな。きっと部屋は整頓されています。羨ましい。



・処分目的が主である人
これはさらに、二つに大雑把に分けることが出来るように思います。
ひとつは、活字中毒Rさんが想定してらっしゃるような、本に愛着を持った「捨てるよりはせめて」という人。捨てるのは忍びないから、という方ですね。人の本棚を見るというのは楽しいものですが、こういった人の買取は、こちらの側もちょっと楽しかったりします。ハヤカワ文庫SFが入ってきたら、意地でもその日のうちに並べます(笑)。
もうひとつは、「本」という実体に愛着をあまり持たない、いってみればゴミに出す感覚に近い方。いや、結構いらっしゃいますよ。ダンボールやゴミ袋に、なんかもうすごい状態の本が、なんかもうすごいやり方で放り込まれた状態で持ち込まれるという。年末や引越しシーズンに劇的に多くなります。その中からいい状態のものやめっけものを掘り出すのが腕の見せ所なんですが、まあ、実は新古書店でこれが出来る人って多くないんだよな、多分(笑)。そういった「目利き」的なスキルを省略してチェーン展開してきているのが、今までの新古書店業界だったりしますし。
前の会社では出張買取もやっていたんですが、いやあ、つらい思い出がたくさんありますよ。雪の舞う中、縁側で延々2時間ほど買取を続ける羽目になったりとか。お伺いする日程を調整する必要があるのに、「なんで今日すぐにこれないんだ!」と逆ギレされたりとか(体がいくつあっても足りませんって。「明日引越しなんです」って、知らんがな、そんなん。)。一番アレだったのが、農家の納屋の梁の上に本が置いてあって、「梯子はそこにあるから」といわれて放置された件かな。まずは梯子に登って梁から本を下ろすところから始まる買取査定(笑)。なにせ農家の納屋ですから、小動物の毛やら糞やらにまみれた本ばかりで、ほとんど買取ることが出来ませんでしたが。


えーと、話はずいぶんそれましたが、本を捨てることに抵抗があるという人も多いですし、そういった人に利用していただいている側面ももちろん強いんですが、実感としてはもうちょっと多様なお客さんがいらっしゃる感じがするな、というお話です。