読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

「閲覧権」という言葉で角川氏が指し示したかったものはどちらだ?

著作権

ネット配信で「広く薄くあまねく」徴収する“閲覧権”創設を

「YouTubeは世界共通語」――角川会長の考える“次の著作権” (1/2) - ITmedia News


上記の報道で角川氏が「閲覧権」なるものをぶち上げてから数日たった。
自分なりに現時点でのまとめをしてみようと思うのだけれど、数日たった頭で考えてみるに、いまだにやっぱり良くわからない。
角川氏は、「購入ベース・ダウンロードベースではなく、視聴するたびに料金を徴収する」というビジネスモデルの話をしたかったのだろうか?
それとも、いわばコンテンツ製作者のベーシックインカムみたいな、インフラ的なものの話をしたかったのだろうか?
それともひょっとして、両者を混同しているのであろうか?


INTERNET Watchの報道では、角川氏から下記のような発言があったと報道されている。

インターネット上で完全な著作権管理が可能になれば、ダウンロードやストリーミング配信時に適用する“閲覧権”を作るべき。これによって、映画館に足を運んだり、DVDパッケージを購入するには至らないライトユーザーにも、コンテンツを利用してもらえる。

また、ITmediaの報道でも、閲覧権の前提として、このような記述がなされている。

YouTubeなど動画投稿サイトは、著作権を侵害した動画を排除する技術の開発を続けており、角川もそれをサポートしている。「権利者がYouTubeに文句を言い、それによってYouTubeが“知恵を付けている”段階。近い将来、技術革新が著作権の完全管理を可能にする」

ここから見えてくるのは、著作権の完全な管理が、角川氏言うところの「閲覧権」の絶対条件であるということだ。

「超流通」をやりたいだけ - オンライン漂流記

さて、上記のブログでid:Sigmaさんが、ITmediaの報道で出てきた「超流通」という言葉に注目した解釈をされている。いや、勉強になるよね。曰く

結局、データを利用した分だけ支払う従量課金制度なのよね。

なるほど、それならDRMが今より発達することが前提だというのも納得がいく。
また、上記ITmediaの報道から引用した部分を読んでみると、ここで言うところの「著作権の完全管理」とは、Youtube内における著作権の完全管理のことを指すのだと解釈できないだろうか?
そうすると話が非常にすっきりする。
現在、Youtubeニコニコ動画が問題とされているが、DRMが今より発達し、Youtubeニコニコ動画、またそれに類するサービスにおいて、どの動画がどの著作物を利用しておりどのくらい閲覧されているかわかりやすくなったとする。いわば限定されたサイト内での完全管理だ。そうすると、そこに閲覧ベースでの従量課金という道が開ける。閲覧者が直接払う形になるのか、それとも会費みたいな形になるのかはわからんけど。
「ちょっとみたいだけならこちらを利用していただいて結構ですよ。単価もお安くなってます」みたいな感じが売りになるのかな?
さらに言うと、二次利用についてもそれをやりたいんじゃないかな、と。楽曲についてはニコニコ動画JASRACが包括契約を結ぶなんて話もでたばかり。動画についてもそれをやりたい、ということじゃないのかな。で、そのためにはDRMが今より発達しなければ、と。
目指すべきビジネスモデルとしては大いにアリだと思うが、ひとつ困惑させられる点がある。
既に各所で指摘されていることであるけれども……
このビジョンの実現には、新たな権利なんてなーんにも必要ないのだ。わはははは!!
角川氏が指し示したかったのが、この超流通による従量課金というビジネスモデルだった場合、閲覧権云々というのはいってみれば口を滑らせただけ。著作権万能主義のようなものに毒された結果であって、実体のないものってなことになる。



一方で、別の解釈というのもなされている。例えば、私が閲覧権の報道の直後に書いたエントリ(こちら)についたブックマークコメントでは、id:cedさんからこのような指摘が。

ced 著作権 これって、Fisherがずっと前に"Promises to Keep"で提案したAdministrative Compensation Systemと同じ考え方なんだよね。実はこれが一番合理的なケースも考えられるんだか、どうなんろうな。

参考:フィッシャーマンズ・スープレックス
違う。
というわけで、フィッシャーってなんじゃらほいと思っていたら、待ってましたの報道が。
「隠す権利」から「広める制度」へ 変化が求められる著作権のあり方
この中で、おなじみの白田総統が解説してくれているような気がするよ。

白田氏は、ハーバード大学のウィリアム・フィッシャー教授の説に言及しながら、「ある国の経済規模全体に占めるコンテンツ産業の規模は、おおよそ決まっており推計可能だ。その推計をもとに、税あるいは課徴金として国民が毎年一定額を支出することにより、国民がコンテンツ産業全体を買い上げることができる」と説明する。

 課徴金制度では、ユーザーが納める額は一定で、徴収の段階で誰が何をどのように閲覧したかは問題にならない。これによりユーザーのプライバシーを維持し、「お金を払っていない人にはコンテンツにアクセスさせない」という、本質的には困難であり、取引費用の大きな所有権的アプローチをとる現在の著作権制度とは別のあり方が出てくる、と白田氏は話す。

ただ、これを「閲覧権」という形で実現させることについては、白田氏は批判的なようである。また、閲覧権とはアクセス権と同義であると喝破し、アクセス権の創設自体には反対ではないid:bn2islanderさんも、この動きは拙速であると評価しているようだ。

閲覧権という言葉の重み - memorandum

白田氏とbn2islanderさんの双方とも、閲覧自体に安易に権利を認めることの危険性、及び、類似のシステムを構築するには著作権の枠組みの解体再構築が必要になるという点で、意見が一致している。
また、こちらもおなじみ小寺信良氏は、コンテンツ産業やクリエイターを支えるインフラ構築という目的の方に目を向けて、別の代案を提出している。

閲覧権とは違うアイデア - コデラノブログ 3

ただこのアイデアだけ借りて、現状の補償金制度を根本から解体し、広く薄く徴収したお金で縁の下のクリエイターの生活保障や、若手クリエイターの育成資金として再設計するという話にしてしまったらいいのではないか。つまり、これまでの補償金のように記録メディア側から徴収するのではなく、複製可能な形態で配布されるコンテンツ側から広く薄く徴収するというモデルである。

これならば、DRMをかけて複製不可にしてあるコンテンツからは、お金が徴収できないというロジックになる。そうするとコンテンツ配布は必然的に、コピーフリーあるいはコピー前提の緩いDRMへと転換せざるを得なくなるだろう。さらにこれまで難題であった、DRMと補償のバランス問題も解決する。

ただ、このアイデアだとウェブ上での利用を活発化するにはちょっと難があるような気もするけれど。
ともかくも、インフラの構築手段としての「閲覧権」では、その危険性が指摘され、白田氏や小寺氏といった人たちから代案が出されている、といったところが現状である。


で、角川氏が指し示したかったのはビジネスモデルのほうなのか、インフラ構築の方なのか?
それがわからないのである。
超流通という言葉にこだわっている以上前者だと思うのだけれど、その一方で

「最もいけないことは、著作者がコンテンツの創作意欲をなくすこと」として、国民の合意の上で料金を徴収し、クリエイターに次の作品を創作するためのインセンティブを与えるべきだとした。

なんていう記述もあったりするのである(引用はINTERNET Watchの報道より)。また、超流通と著作権における新たな権利の創設は本質的に無関係であるのに、これほど著作権にこだわっているというのも、それはそれで不自然なのだ。
どっちなんだ?
もしかしたら、両方の問題を混同しているのか?
それとも、一挙両得を狙っているのか?(そうだとしたら、それは失敗だと思う)
わからん。