万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

ダウンロード違法化:文化庁に捧げる粘着質のdis

私的録音録画小委員会:「ダウンロード違法化」不可避に - ITmedia News

反対意見多数でも「ダウンロード違法化」のなぜ (1/2) - ITmedia News

胸が悪くなるようなニュースであることよ。文化庁の連中、いつもこうだぜ。
さっそくいくつものサイトが反応をしているわけだけれど、id:akasataさんが実に鋭い指摘をしている。

本当に不買運動しか残ってないのか、大雑把な戦略を立ててみた - あかさたの日記

ソフトまで対象になるとは思っていなかったが。ソフトウェアエンジニアのはしくれとして言わせてもらおう。ふざけんな! ・・・ここでいうソフトってゲームみたいなコンテンツ系だろうけど

 

本日の審議でも,日本レコード協会専務理事の生野秀年氏や日本映画製作者連盟の華頂尚隆氏から「レコード会社のビジネスはもはや立ち行かない状況。背筋が寒くなる」,「動画共有サイトに映画コンテンツがアップされると拍手喝采。まるでネズミ小僧を称える民衆のようだが,映画製作者は善良なクリエータで悪代官でも悪徳商人でもない」といった強い賛成意見が出た。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20071218/144359/


P2P の話だと思っていたら、矛先は動画共有サイトにも向いたようです。ニコニコ動画もうかうかしていられませんね。JASRAC との提携が決まったとはいえ、映像コンテンツの解決には、程遠い状況ですから。

以上2点。
・いつの間にかソフトウェアまで対象になっている
・結局当初の懸念どおり、動画投稿サイトにも矛先が向いている*1
非常に重要な指摘である。っていうか、文化庁、どさくさにまぎれてなにやってやがる!

おまけにだ。
反対意見多数でも「ダウンロード違法化」のなぜ (1/2) - ITmedia News

川瀬室長は「反対意見はもっともだと思うし、その意見は十分に踏まえているつもりだ」と釈明する。「反対する人々の疑念に答えるため、政府、文化庁、権利者にも汗をかいてもらって、まぎれないように運用していきたい」(川瀬室長)

中間まとめからなんの変更もないというのに、中間まとめで寄せられた意見を充分に踏まえているとはいったいどういうわけだ? まったく、以前から、文化庁著作権課は論理的な思考が出来ないところが全然変わっていない。進歩がない。(参考:還流盤輸入禁止期間は4年に正式決定 或いは馬鹿は何をやらせても馬鹿 - 万来堂日記2nd馬鹿が言い訳をしているよ - 万来堂日記2nd。まあ、私も何気に馬鹿っぷりをさらしているエントリなんですが)。


あと、これだ。

また、今回の議論はダウンロードのみ「複製」とみなし、ストリーミングサービスは対象外。ストリーミングサービス利用時にWebブラウザに残るキャッシュについては複製とは扱わず、違法サイトで公開されたコンテンツのストリーミング視聴は合法、ということになる。文化庁は「キャッシュの扱いについて議論した著作権分科会の今年1月の報告書などを踏まえ、必要に応じて法改正すれば問題ないのでは」などとしている。

おわかりか?
こいつらどさくさに紛れて、ストリーミングでの視聴についての取り扱いを今後の検討課題にしやがったぞ!?
大体だね、必要に応じて法改正とか行ってるけどさ、文化庁が必要に応じた法改正なんて出来るわけないじゃないか。馬鹿馬鹿しい。当初の目的であったアジアでのライセンス拡大が大失敗に終わっているのに、未だにCD輸入権(還流防止措置)の撤廃が検討すらされていないんだぜ? 必要に応じた改正なんて出来るわけないじゃん!
こいつら、既定路線の話をしているんだよ。
本当、こいつらにまかせちゃだめなんだって。やむを得ぬ一身上の理由で著作権課全員失業してしまえばいいのに。田舎に帰って農業でも始めたら? そうしたらやっと社会に貢献できるというもんだ。

*1:これは委員の意見であって文化庁の意見ではないという人もいるでしょうな。文化庁もそういうでしょう、きっと。でもね、これが賛成意見として扱われていて、文化庁からも「それは違います」と修正されていないんだよ。その意味を考えないといけない