万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

手軽な著作権許諾システムって、商売にならないかな?/ちょっとした思い付き程度でも、どんどん書いていこうじゃありませんか。


いやあ、私にとってパソコンやウェブはブラックボックスも同然で、魔法と区別がつかなかったりするのだけれども。
手軽に二次利用のために許諾を申し込むことができるシステムって、商売にならないかな?
例えばさ、ある漫画家さんのサイトを見にいったとするじゃない。そうすると、「二次利用の申請はこちらから」みたいな表示があるわけですよ。
で、そこにアクセスすると色々と必要事項を入力する画面へ移るわけ。有償で利用可だったら、決済できたり、決済方法の説明があったり。
で、最後に「二次利用の許諾申請をいただきましてありがとうございます。許諾の可否につきましては後日ご連絡を差し上げます。また、諸条件、諸事情によりまして必ずしも許諾できるとは限らないことをご了承ください」みたいなね。
逆に、漫画家さんの側は、そのシステムを導入するにあたり、ある程度の条件を入力しておいたり。これこれこういった条件だったら、もう自動的に許諾しちゃいますよ、とか。逆にこれこれこういう条件だったら、申し訳ないけれど自動的にご遠慮いただきますよ、とかね。
個人のサイトにも簡単に導入できる著作権申請/許諾支援システム。普及したら面白いだろうなと思うんだけど。


いやね、俺、そっち方面はさっぱりチェックしていないんでくわしいことは全然なんだけど、クリプトンが初音ミク関連の権利処理で大分手間取っていて、それが負担になっているなんていう話をどこかで読んだわけです。どこで読んだか忘れてしまったので、リンクを張れなくて申し訳ないんだけれど。
だったら、その負担を軽くするようなシステムがあったら、さぞ便利な世の中になるだろうなと思ったのね。


さらにもう少し話を広げると、こういう話って、JASRACみたいな集中的な著作権の管理機構を映像とか文章とかに関しても新たに作って、みたいな話になりがちで。いや、確かにそれは便利に違いないし、そうなったらよかろうなとも思うんだけども。その一方で、それ、いつになったらできるの? そもそも本当にできるの? みたいな疑問、懸念もかなりあったりするわけですよ。
だったら、著作権を集中管理するんじゃなくて、個人でも使いやすいシステムの方が先に普及しちゃってさ。分散的にどんどん展開していくってのも、ありだなとか、そう思ったわけですよ。これから先、著作者から直接消費者・顧客へという流通ルートがますます顕在化してくると思うんだけれど、なら、著作権の管理に関してもそれと同じことが起こって何の不思議もなかろう、と。


さらに話を少しずらすと、著作権に関するトピックって、どうしても権利者の首をかしげるような主張や、文化庁のよくわからないやり方とかに目がいきがちで、どうしても否定的なことを言いがちになるのだけれども、その先に、消費者の側から「こういったビジネスだったら、全然お金払うよ?」とか、そういった提案はなされていくというのが理想としてあると思うわけ。
そういった動きは今でもないわけではもちろんなくて。例えば私的録音録画補償金の体系見直しを小寺信良氏が唱えたり(閲覧権とは違うアイデア - コデラノブログ 3)、id:akasataさんがニコニコ動画に投稿された動画等が利用した作品をトレースしやすくするシステムの開発を始めたり(作品の派生関係を追いやすくするシステム「コピトレ」を作ってみた - あかさたの日記)といった動きが、いま思いついただけでもあるわけだけど、そういった動き、ちょっとした思い付きを文章にしてみたとかでもいいから、どんどん出てきた方が面白いだろうな、と。その結果自分の思いつきが否定されたとしても、またひとつお利口になれるってもんですよ。


みんな、なんか思いついたらどんどん書いていこうぜ。