読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

俺は予約がしたい。多分したいと思う。したいんじゃないかな。ま、ちょっと覚悟はしておけ。

仕事 書籍 出版業界関連

asahi.com(朝日新聞社):「返品自由」か「責任販売」か 小学館、書店に選択肢 - 文化トピックス - 文化

個人的にはこの動き、あまり評価していないのだけれど、流通改善のための取組の第一歩であることは理解できる。
で、私がなぜあまり評価していないかというと、この施策、「さあ書店さん、いっちょリスク負って勝負してみませんか? 応援しますよ!」というものではないと思われるから。
ひとつには再販制は依然この商品に関してもバリバリ有効であるということ。「いよっしゃ、利益率がいいんなら、いっちょ多く仕入れて仕掛けてやるぜ!」という目論見が残念ながら外れてしまった場合、書店は余剰在庫を値引きもできないまま抱えることになる。
もうひとつは(まあ、試験的な導入であるということなんだろうけど)対象となる本が『ホームメディカ 新版・家庭医学大事典』という、勝負を仕掛けるというよりはご家庭に一冊、息が長く売れていきますよ常備でいかがです的なものであること。まあ、「家庭の医学の事典コーナー」ってあまり見たことないよね(笑)。
で、責任販売制を選択すれば発注した数を減らされたりすることなく入荷されてくるとのことだけど、これ、なんというか、どんな商品に関しても同じような動きができるわけでもないと思うわけで。
この試みが有効に機能し、対象が広がっていったとするじゃない。で、例えばだけど、なんとびっくり、ブラックラグーンの最新刊も責任販売制が選択できるようにしますよとなったとする。で、各書店ここぞとばかり責任販売制を選択し欲しい数だけ発注したとして。ところがアニメ第3期放送の影響で見込みより多くの発注が殺到してしまい、結局出荷する数を減らさざるを得ない、とかね。
神様でもない限り、持っている在庫の数には限りがあるわけで。注文が殺到したら出荷数を調整せざるを得ないってのには変わりない。まあ、当然の話。(追記:ブックマークコメントでid:asakura-tさんから、受注終了後に刷るであろうからこの点は大丈夫ではないかとご指摘いただきましたので、追記させていただきます)
個人的には満数出荷よりも、減らされてもいいから、新刊が何冊入ってくるのか、もっと事前の段階ではっきりした数がわかるようにしてほしい。一ヶ月前とかに。
なぜかというと、私ね、もっと本の予約が取りたいんだよ。
「よっしゃ、せっかくだから俺はこの新刊を選ぶぜ!」ってな感じでどーんと告知だして。
細かく、新刊一覧みたいなものを自作してピックアップしていく形でもいい(まあ、コミックや文庫は一覧が既にあるわけだけど、アレにしたって、入荷数はわからない。入ってこない本も多い)。
何冊入ってくるのかわからない状況で予約のアピールをするのって、非常に怖い。リスクが高すぎるのね。
ゲーム、CD、DVDといった他のコンテンツ商売に比べて本は事前予約への取り組みが非常に弱いのではないかというのは、これはかなり以前から思っていて(それこそ、新刊書店に異動になる前からだ)。
確実な販売につながるし、予約しないお客さんに対しても発売日のアピールになる(他のお店でゲーム・CD・DVDの担当だった時はむしろこちらの効果を重視して、偏執的なまでに予約告知を徹底したもんだ)。いいことずくめなのになぜ予約告知を躊躇してしまうかというと、やはり「何冊まで予約を受けて大丈夫なのかわからない」からなんだよ。発売ひと月前くらいまでに予約すればOKですよみたいな商品(最近だと嵐の写真集がそうだね。ただいま絶賛予約受付中)もあるけど、予約って発売日直前にも伸びてくるものだし。
責任販売制とか満数出荷とかもいいのだけれど、なんとかこの「入荷する直前まで何冊入ってくるかわからない」状態から脱却とかってできないものだろうか。
正直な話、そうなったら私、今よりも売り上げ上げる自信あるぜ?


追記:それともあれかね、大手のチェーン店はもっと事前に入荷数が確定していたりするのかね。スケールメリット! スケールメリット!