読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

ABC? ご冗談でしょうブックオフさん!

新文化 - 出版業界紙 - 社長室 洋販ブックサービスとブックオフと出版業界

つーわけで、洋販が潰れて、洋販ブックサービスが経営している青山ブックセンター危うしってなところでなんとブックオフが名乗りを上げましたよ、と。
えーとね、ブックオフが本気でABCなんぞ欲しがるとは思えないので、安心しれ。怖がっている人がいたら、そりゃあれだ、イエローペリルみたいなもんだ。


そもそもなんでブックオフが噛んできたかというと、書店経営を行っていた洋販ブックサービスの大株主だったからだ。
じゃあなんでブックオフがそんなところの株を持っていたかというと、新刊を扱いたかったからだろう。
だからブックオフが欲しいのは書店経営をしていた洋販ブックサービスであって、別段ABCが欲しいわけじゃない。OK?


大体考えてもみなさいよ。最近は大型店も出店しだしたとはいえ、郊外店とロードサイドへの出店とFCでここまで拡大してきたブックオフが、ABCのどの部分に魅力を感じるっていうの?
ABCって、かなりの商圏人口がないと成立しない商売ですぜ?
今までブックオフがせっせとドミナント化してきた地域でABCのやり方が通用するのか?
逆に、今までABCが商売してきた土地にブックオフが積極的に打って出るメリットってどのくらいあるのか?
その両者を考え合わせると、やはり、ブックオフが積極的にABCを欲しがっているなんてとうてい思えないんだよなぁ。


じゃあなんで支援するなんて言い出したかって、そりゃ、「ABCは別にいりません」なんて言ったら、企業イメージが悪くなることこの上ない。また、支援後の社内の印象だって悪くなるでしょう。社交辞令っすよ、社交辞令。ポーズだよポーズ。


洋販ブックサービスは別にABCだけをやっていたわけではなくて、流水書房というもっと小規模な書店も展開しているらしい。むしろこちらの流れがどのようになっていくのかに注目したい。
こちらのほうが、ブックオフにしてみたら展開しやすいはず。
これからのブックオフにとっての競合店を新刊書店の中から探すとしたら、それは紀伊国屋でも丸善でもブックファーストでもジュンク堂でもヴィレッジバンガードでもなく、むしろ宮脇書店とかCCCとかそこらへんじゃない?
で、「宮脇書店にABCをぶつける」という構図に「ちょwwwおまwwww」的な違和感を感じたとしたら、たぶんそれが正解、じゃないかな?