読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

違法着うたダウンロード数が4億突破って、本当かしら?

著作権 音楽 音楽業界関連

こんなニュースがあった。

違法着うたDL数が4億突破――レコ協調査 - ITmedia News

日本レコード協会は12月24日、「違法着うた」「違法着うたフル」の利用実態調査の結果を公表した。昨年10月から今年9月にかけて携帯電話サイトで違法公開された楽曲ファイルの推定ダウンロード(DL)数は、前年より11.8%増の4億714万回で、初めて4億を突破。正式に有料配信された着うた・着うたフルのDL数・3億2900万回を上回っている。


RIAJのニュースリリースはこちら。ページの下部から報告書に飛ぶことができる。
社団法人 日本レコード協会|プレスリリース

調査結果の主なポイントは以下の通りです。

・ 違法サイトの認知・利用率
違法サイトについて、全体の80.8%が認知し、34.5%が利用している。また、10代後半において違法サイトの利用率、違法「着うたフル(R)」のダウンロード曲数ともに増加している
・ 違法サイトへの音楽ファイルアップロード経験率
違法サイト利用者のうちのアップロード経験率は11.6%である。
・ 違法音楽ファイルの推定ダウンロード数
年間で約4億714万ファイル以上(昨年は3億9,926万ファイル)と推定され、直近1年間(2007年10月〜2008年9月)の有料「着うた(R)」・「着うたフル(R)」ダウンロード数の3億2,900万回を上回る。

おお、そうなのか。そりゃえらいこったと、いざ報告書を読んでみると奇妙なことに気がつくだろう。全体としての違法サイトの認知率と利用率は、むしろ前回の調査から減っているのだな。それなのに違法ダウンロード数はなぜか前回より増えて4億突破、と。
調査では16歳から19歳の違法サイト利用率が上がっていることが強調されており、じゃあハイティーンのみなさんがやんちゃかましたせいなのかってことになるんだが、サンプル構成を見てみると16歳から19歳の着うた利用者は全体の3.9%のみ。全体での利用率は前回の調査から2.6ポイント下がってるわけで。うーん。ちょっと直観的には考えにくいよなー、と。


で、うーんどっかおかしいんじゃないかなーと唸りながら違法着うたダウンロード数の推定のページまでたどり着いて、「おや?」と。

ここから少し話がややこしくなる。
違法ダウンロード数をどうやって算出しているかというと、日本人口(今回アンケートの対象になった12歳から39歳)にケータイの保有率かけて、それにネットの利用率かけて、そこにさらに着うた機能の付いたケータイの保有率かけて、今回のアンケートによる違法サイトの利用率かけて、さらに違法着うた平均ダウンロード数かけて、はい、4億です、と。
では、今回のアンケートで違法サイトの利用率と平均ダウンロード数をどうやって求めているのかしら。
アンケートでは年代別に偏りが出てしまうわけで、その偏りによる影響を低くするために、年代別に重みづけをしている。
では、どのようにして重みづけしたのかというと、こんなことが書いてある。

・サンプルのウェイトバック方法

日本の人口構成比(国勢調査結果)と本調査スクリーニング用事前アンケート結果を用いて下記の実態ベースのサンプル構成を設定し、データの重み付けを行った。*1

どのような事前アンケートを行ったのかがわからないのではっきりとは言えないんだけど、どうもここらへんに危険なにおいがする気がする。
人口構成比だけで重み付けをやっちゃあまずいのは誰でもわかる。ケータイからのネット使用頻度や使用するにも使用用途が年代によって異なることが予想されるし、それを考慮しないとね。
であるから、スクリーニング調査では年代別のモバイルネット使用頻度や使用状況を考慮するようなものであることが期待されるのだけど、事前調査の内容や目的や参照先が書かれていないのでにんともかんとも。
この内容だと、「ケータイからのネット利用頻度が低い年代の値が高く見積もられている」可能性を排除できないような気がするんだよねぇ。
だもんで、私はこの「4億」という数字を鵜呑みにしないことにした。もっとも、実際は4億いってないのか、それとも5億とかミラクル起きちゃってるのかはわからないけどね。

*1:表は省略します。実際の報告を見ておくれ。