万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

コルシカこわい

Corseka(コルシカ)

というわけで、オンラインで購入した雑誌をデータとしても利用できるというサービス、コルシカがオープンしたそうだ。
年会費等は一切なく、かかるのは雑誌の代金のみとのこと。
便利そうではあるが、クレジット決済のみとのことで、クレジットカードは持たない主義なので、個人的には利用する機会はなさそう。
ただ、会費等一切かからないというところになぜか引っかかっていたりして。あれかな、広告費等で稼ぐモデルなのかな?



生き残ったサービスであるところのまねきTVにリンクしてみよう。

まねきTV
このサービスの場合、ユーザーがロケーションフリーを購入し、それをまねきTVに配送するというスタイルをとっている。だからこそ私的利用の範囲内とされ、裁判でも勝訴したと認識している。
そのまねきTVにしても、しっかり利用料は取っているのだな。まあ、あたりまえなんだが。

ロケーションフリー - Wikipedia

まねきTVの場合はロケーションフリーベースステーションの設置や設定の代行をしているわけだけれど、コルシカの場合はユーザーが購入した雑誌の私的複製を代行している、といった形になるかと思う。
もしも取次から仕入れ価格で雑誌を購入し、ユーザーが定価でそれを購入して、その複製代行を行うというビジネスモデルであったりすると、それが私的複製の範囲内といえるかどうかは、かなりおっかない気がする。
そうじゃなくて、広告費とかもろもろでいけるんですよ、とか、出版社と話はついていて仕入れ価格で複製してOKなんですよとかだったら(まあ、もしそうだったら事前にニュース等でもっと大騒ぎになっている気もするんだけど)、まあ、めでたいことです。



追記:
この騒動についてまとめた方がいらっしゃいます。
Corseka騒動まとめ - 雑誌屋かあさんの毎日

また私的複製については、現行の法律では「代行」する行為そのものが違法であるとの指摘も。
雑誌スキャン閲覧サービス「コルシカ」は徒花に終わりそうだ | 栗ブログ

広告を非表示にする