読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

Jコミと新古書店の明日はどっちだってな話

久しぶりに書店絡みの話などを。
最近ね、新古書店の棚が面白くなくなったと思いませんか?
私は思うんです。私個人の所感ですからきちんとした数字が示せるわけではないし、自分が勤めているところ以外の内実はわかりませんから、ある程度の憶測も込みなんですが。
簡単にいいますと、少し古めのタイトルやマイナーなタイトルの存在感が薄くなっているというか、軽視されているというか。
私自身はどっちかというと、そういった方向性に抵抗したい性質なんですけども、まあ、私一人で業界のなんとはなしの流れや会社での流れが押しとどめられるわけでもなく。
今からとっても失礼なことを書きますが。
まるで新刊書店みたいなつまらない棚になりつつある。



いや、私だってね、新刊書店の棚で面白さを感じることは多々あるのです。
しかし、どの棚を見ても面白いなんてこともまたないわけで。
特にコミックにおいて顕著だと思うのですが、新刊書店・新古書店の双方が同一のつまらない方向に、金太郎飴的にシュリンクしてしまいつつあるなぁ、と。
多様性の減少でございますな。



で、Jコミ( http://www.j-comi.jp/ )です。
ラブひな魔法先生ネギま!で有名な赤松健さんが深く深ーくかかわっていることでも話題になっているこの電子書籍サービス。絶版になった書籍を広告込みで無料配信して、掘り出せば商業的価値があるのにもかかわらずデッドストックとなっている作品を活用していこうという野心的かつ実験的な試みであります。
新版が刊行される作品の旧版を作者と出版社に仁義を通したうえで配信しようなんて言う実に野心的な試みもするようで、これはもう注目せざるを得ないのですが*1
このエントリを書いている9月1日の早朝現在で、公開されているタイトルは93タイトル。まあ、少ないですわな。
でも、そのラインナップを見てみてください。
なんと面白そうなことか!
絶版となっているコミックが公開されているわけですから、これらの作品、新刊書店では出会うことが出来ません。
古本屋や新古書店では出会うことが出来ます。
しかしながら前述のように、Jコミで公開されているような作品群を軽視するような風潮が、もしかしたら新古書店業界にもあるのではないかな、とここのところずっと感じていたわけでして。
そんな私にとって、このラインナップの新鮮に映ったことといったら!



実はこのJコミの方向性、私が新古書店のコミック売り場が目指すべき方向性の理想として考えているものにかなり近いのです。
Jコミは絶版となっている作品のみが対象ですが、実際のところ、絶版にはなっていなくても品切れになっていて入手困難だったり、品切れになっていなくても新刊書店のスペースは限られていますので新刊書店では出会う機会が少なかったりといった作品というのがあります。
そのような作品群をピックアップして売り上げにつなげていく、というのが私の理想なのですな。つまり、新刊書店や古書店で要求されるものとは違った「目利き」のスキルが必要となる。
そういった方向性の成果が数字として表れていないという評価が、私が漠然と感じている風潮の背後にあるのかもしれませんが、その先に待っているのは大雑把にいって「金太郎飴化」と「大店舗化」という二つの選択肢しかありません。
そしてそれは……またもや、ものすごく失礼な事を書きますが……新刊書店がその撤退戦において強いられている状況をなぞっているように見えるのです。
大店舗が都市部で競い合って、ある程度淘汰され、小型店舗がその割を食って淘汰され、その淘汰が及ばない遠隔地に金太郎飴のような店がポツリポツリと残る、という。
いや、書店員のお歴々、「適当なこと抜かしやがって」とのお腹立ちはごもっともでございますが、考えてみてごらんなさい。日々の仕事でまさにこの要素、売り上げを取りつつ、つまらない売り場になることを如何に回避するか、という事に腐心なさっておられるのではないですか?


個人的には、ライフスタイルの変化により書店や新古書店が減少していくというのは避けられない事態だと思うのですが、全国的に全くゼロになるというのもまずありえないと思っています。書店も新古書店も出版社も減り、落ち着くべきところに落ち着くのでしょう。
その時、残っている側に立っている店が大型店であり金太郎飴店であるかというと、どうにも私には確信が持てません。結構な疑念を持っています。
と、いうわけで、ああ、新古書店の先行きも暗いんじゃねぇかなぁ、というお話。

*1: http://d.hatena.ne.jp/KenAkamatsu/20110831/p1