読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

9月8日 お笑いまん我道場

落語

ワッハ上方4F 上方亭に、お笑いまん我道場を見に行ってきました。
見る予定はなかったのですが、昼間見た動楽亭昼席が満員かついい雰囲気だったので、夜も落語を見たくなった次第。こちらも補助席が出る入り。私、木曜に公休なことが多くて、他の曜日と比べると落語会の数が少なかったり、行ってみるとお客さんの数が少なかったりという印象があったのですが、今日はどうしたんだろ。twitterで繁昌亭の公式アカウント見ても、夜席当日券は立ち見って書いてあったしなぁ。
中入なし、ノンストップで4席です。


桂吉の丞…強情
桂まん我…矢橋船
桂雀松…腕喰い
桂まん我…三十石


吉の丞さん、最近聞かせてもらう機会が多く、その度に自分の中で好感が積み重なっていく感じがしています。吉朝一門だけれど、ざこばテイスト溢れる「強情」でした。
その流れでまん我さんの「矢橋船」の枕でもざこば師匠と仕事で福井へ移動した際のエピソードが語られ、爆笑。
雀松さん、先日「雀松向上委員会」で「腕喰い」は聞かせてもらいましたが、今回も笑わせてもらいました。
関係ないけど、「仔猫」「腕喰い」以外に、吸血鬼譚って落語にあるのかしら。
で、トリはまん我さんの「三十石」。実は「三十石」聞くの初めてでして。以前聞くチャンスはあったのですが、寝不足で爆睡しちゃったんだよなぁ。返す返すももったいない。
まん我さんの師匠の文我さんは、最近旅ネタの通しての口演に積極的に取り組んでらっしゃいますが、その口演にもちろんまん我さんも加わってらっしゃるわけで。その成果をこういった形でフィードバックしてくれるというのは嬉しくなってくるわけでして。今回「三十石」はもちろん「矢橋船」を聞かせてくれたのも、以前、同じく文我さんの会に加わっていたしん吉さんが動楽亭で「三人度」を聞かせてくれたのもその影響だと思うわけで。
うまく言えないのですが、こういった風に影響が広がっていくのというのは素敵なことだな、と思います。