読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

11月23日 第49回猪名川寄席

前日、朝の5時まで仕事していたので寝過ごし、起きたら昼の12時半。
服だけ着替えて慌てて出かける。なんとか間に合った。最近こんなん多いなぁ。
阪急の園田駅を降りると「猪名川寄席」ののぼりがたくさん。会場入り口の横には米二さんののぼり。おお、ここかここか。


桂二葉……道具屋
桂ひろば……竹の水仙
桂宗助……ちしゃ医者
桂米二……不動坊


地元に密着した感じで、開演前に出てきた主催者の方の挨拶でも、身内に喋っているような感覚あり。また、駅に近いので、電車が通るとガタンゴトンと音が聞こえる。
二葉さん、今までで一番破綻が少なかった。
ひろばさん、お囃子との意思疎通がうまくいかなかったらしく、三味線が長く演奏しすぎるトラブルあり。
宗助さんを見るのは初めて。「ちしゃ医者」の途中で、医者の人となりをたっぷり目に説明する語りあり。おかげで医者に対する思い入れは高まったのだけれど、半面、医者が大変な目に合う終盤では少し可哀そうになってしまった。
知的なイメージのある米二さん、「不動坊」で楽しそうにアホを演じる。この冬二度目の「不動坊」。以前に聞いたのは文華さん。こちらは抑えた演出。幽霊に成りすましてつりさげられている場面では、屋根の上に仲間がいることを強く意識でき、立体感あり。冬のうちにあと2回くらい「不動坊」聞きたい。
終演後、抽選会。チョコレート詰め合わせ当たっちゃった。てへぺろ
園田駅に帰る途中、たくさんののぼりを回収しているスタッフさんあり。お疲れ様です。
駅の舎内にて演目でも呟いておこうかとtwitterを覗いたら、立川談志家元の訃報が流れており、TL大パニック。