読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

8月31日に落語を聞きにいった記録

神戸は晴れていたのに、南森町に着いたら夕立。繁昌亭の入り口までダッシュ。駅から近くて助かった。
満員。先週前売り券を買ったのだけれど、実はその時点で残り2枚だと窓口のきれいなお姉さんに言われていたのだった。そりゃ、この三人だったら満員になるわなぁ。



繁昌亭夜席
福笑・松喬・松枝三人会~仲の悪い兄弟会~


松五…松竹梅
福笑…渚にて
中入
松喬…お座参り
松枝…一人酒盛り


松五さん、プログラムがないのでとまず出演順の説明。
福笑さん、快調な枕。お見送りで話したお客さんと南森町のホームで再会したときの異常なきまずさとか、昨年酒の勢いで三人とも嫌々ながらやった三人会だが非常に好評だったので今回も、客が入っているうちは仲がいいとか、来年は追悼興行になるなんていうブラック極まりない発言も(笑)。
渚にて」ははじめて聞いた夏の話。いつも通りどんどんたたみかけてくるような。噺の中で歌うことも多い福笑さんだけれど、なんと、ボブ・マーリィ歌った。うおう。
中入り後、松喬さんは登場するなり「来年は福笑追悼公演の予定」とのこと。わはは。
例によって病院や病気の話を笑を織り交ぜながら。で、特筆すべきは「松喬十六夜」という、季節毎に1回、4年がかりで計16回の独演会チラシが配られていたことで。攻めてるなぁ。
演目は先日も動楽亭で聞いた「お座参り」。滅びていたネタを復活させたものなので、終演後、見送りのために入り口に立っていた三喬さんと右喬さんに演目について確認する人を複数目撃。
松枝さん、「来年は松五追悼興行」といった後に一番弟子に駄目出し。松葉さんの追悼興行をやることに触れ、松鶴襲名問題について「いい資料があります」。と。この時点で既に客席から笑い。皆の予想通り「ためいき坂、くちぶえ坂」の宣伝と、加えて松喬さんの「おやっさん」と福笑さんのCD、全部買えばこれで通になれるとのこと。ていうか、持ってるという人も客席には多かっただろう。持ってます。
最後は軽妙に「一人酒盛り」。先週も今週も、後味のいい会に来ることができて幸せである。



ネットカフェに腰を落ち着けてネット覗いたら、橋下市長が固定資産税減免措置の見直しを表明し、その対象に繁昌亭も含まれるというのが話題になっていた。
が、資料を見てみたら繁昌亭はそもそもの金額も少なく(150万円弱)、それよりも他にもっと問題視すべき対象があるような感じ。がんの予防検診施設、結核関連の施設、障碍者就業関連の施設、学校給食関係の施設、地域の集会所的な施設などなど。