読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

11月16日と17日に落語を聞きに行った記録/一之輔さんと千朝さん

16日はトリイホールへ。ほぼ満員。

いちのすけの風 第二回 トリイホール

生寿…千早ふる
一之輔…鈴ヶ森
一之輔…百川
中入
一之輔…富久

まくらでトリイホールの高座は初めてと言いながら歪な構造に文句言ったり、諸事情で会場入りが遅くなったとか、プログラム見てから三席やることを知ったとか、絶好調。
百川、実は前日に某ポッドキャストでまさに一之輔さんのを聞いたばかりで、不運な私。
一番笑ったのは鈴ヶ森で、一番グッと来たシーンは富久の、千両がもらえないと次第に理解していき絶望に飲まれていくところ。あと、徐々に酔っ払っていく所も見事だった。


17日は太融寺へ。

千朝落語を聞く会

優々…饅頭怖い
千朝…四人ぐせ
九雀…転宅
千朝…百年目

当日のみ1500円の会で百年目。わお。
千朝さんは大変に信頼している落語家さんなんだけれど、百年目、聞く方もしんどい(笑)。生で百年目聞くのは二回目だけど、んで、録音では何人かのを聞いているけれど、この噺についてはやっぱり米朝師匠が一番だなぁ、とか思ってしまった。そう考えると、1時間軽妙さを持続し続けたこないだの雀松さんの「らくだ」はあらためて離れ業だったんだなとか思ってみたり。
私の中でのこの二日間のベストは九雀さんの「転宅」でした。うん。公休日とのめぐりあわせでそんなにたくさん聞けていないのだけれど、ネタ入れ替え宣言後の九雀さんへの信頼感も異常。