万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

日記。鬱の周期。

ここ2年、真冬に、会社を数日休む程度に鬱が重くなっている。ということは、私の場合は冬に悪くなりやすい周期性があるのだろう。転勤で仕事の環境、職場の人間関係も変わり、ストレッサーたるソリの合わない同僚があり、残業は以前に比べて増えている。今年の冬も用心しないといけない。

日記。気の合わない同僚。内科通院。競馬。文之助独演会。ウマ娘育成。

木曜日、同じ部内のスタッフが軽い事故を起こし、金曜日の朝礼にて事故防止への注意喚起。それはいいのだが、なぜか無関係の私の運転がやり玉にあがる。こちとらゴールド免許である。普段からこの同僚には雑に扱われていると感じており、なにかというと私の仕事にケチをつけてくることもあり、その日は一日中不愉快。

土曜日、大阪に転勤になってから初めての内科通院。最近気が緩んでいて体重がリバウンド気味だったため、案の定怒られる。反省。年内に2キロは落としたい。
競馬、東京スポーツ杯2歳ステークスは1番人気イクイノックスからの馬単総長しという頭の悪い買い方で黒字。しかし、強い勝ち方だった。

夜は繁昌亭、文之助独演会へ。過去2年中止になってしまい3年ぶりとのこと。

りょうば…阿弥陀池
文之助…たいこ腹
内海英華(女道楽
文之助…景清
中入
文之助…夢の酒

まずなんといっても、普段昼席で見るよりもたっぷりな英華さんが素晴らしかった。独演会あったら行きたいなと思わせてくれるレベル。
「景清」は、泣かせるところと話のクライマックスがずれている難しい話という印象を持っていて、これぞ決定版と思えるような高座にまだ巡り合えていない。文之助さんほどのテクニシャンをもってしても、やはりどこか物足りなさが残った。たいこ腹も夢の酒も素晴らしかったのだけれど。

日曜は終日ゴロゴロ。競馬、マイルチャンピオンシップは、グランアレグリアが鮮やかな勝利で引退レースを飾った。2着にシュネルマイスター。3着に復活のダノンザキッド、4着に安定のインディチャンプ。馬連はとったが、1番人気と2番人気での決着であり、赤字。しかし、とてもいいレースだった。

今月は残業が多く、以前ほどウマ娘に手が回っていない。そんな中、なんとかSランクのメジロライアンと中距離Sのグラスワンダーおよびナリタブライアンをそろえることができたので、この3人で来週火曜日からのスコーピオ杯に臨もうと思う。さて、どうなることやら。

日記。競馬。落語。京都。

土曜日。一日中ゴロゴロ。

競馬は、デイリー杯2歳Sは的中。武蔵野ステークスは本命にしたヒロシゲゴールドが沈没。距離だろうなぁ。

日曜は落語を聞きに久しぶりに祇園へ。歩くだけで楽しい街。

 

桂米二 de 新門前寄席

二豆…やかん

米二…池田の猪買い

中入

米二…初天神

 

三席ともたっぷり。二豆さん、流暢で達者なのが、演目に合っていてよかった。

この冬はじめての池田の猪買い。雪の降る話。聞いている間に日が傾き、足元が少し寒くなってくる。ある意味迫真。面白い経験。また、枕では何度も聞いたコロナ療養のエピソードだが、時間に余裕があるからかいつもより詳しくたっぷり。これまた楽しかった。

初天神も凧揚げまで。たっぷり。

 

帰り、手帳を買いたかったので本屋を探しながら、ぶらぶら。もう四条には大きな本屋は残ってないのだと、少し寂しく思う。ジュンク堂ブックストア談ブックファーストももうないのだな。くまざわ書店を見つけ、手帳と本を2冊。ニール・シュービン「進化の技法」と川端裕人ドードーをめぐる堂々めぐり」。少しお高め。

 

エリザベス女王杯は、レイパパレ本命だったので見事に外れ。アカイイトキズナ産駒。よかったねぇ。

福島記念は当てて一応黒字だが、1番人気からワイドの総流しだったので、赤字にならなかったのが不思議。

はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと

変わったことと変わらなかったことか。結構なお題だ。
10年前、母親はまだ健在だった。残業ばかりの生活の中で、数少ない楽しみは読書と音楽だった。競馬は既に辞めてしまっており、2010年の年末辺りから上方落語を聞きに行くようになっていた。

10年後、まだ同じ会社に勤めている。途中鬱病になり、配置転換になったら転勤したりし、今は以前よりも労働環境は改善している。ただし給料は変わっていない。というか、鬱病になったころはあからさまに会社に冷遇され、一時期給料がひどく下がった。辞めたり転職したりしていないのは、その元気が回復する前に待遇が戻ったからに過ぎない。
人を責めることはかなり減った。そんなことをしてもなにもいいことはないということに、ようやく気がつきつつある。
母親は昨年夏に脳梗塞で急逝した。碌に顔も見せていなかった。今までの人生の中で一番大きな出来事が、母の死である。悔やむことばかりである。
途中4年ほど関東に転勤になり、上方落語どころか落語を聞きに行くこと自体が少なくなった。コロナ禍で高座に親しんでいた上方落語家さんの関東遠征が少なくなってからは尚更である。
段ボールで20箱以上もあった本の山は、この10年で売り払ってしまった。本のために2部屋あるアパートに転勤のたびに住み続けることが、途中経済的に苦しくなったからだ。
読書量はめっきり減った。これはソーシャルゲームを始めたことの影響が大きい。今年まで艦これをやっていたが、いまはウマ娘しかやっていない。
ウマ娘をやり始めたのをきっかけに、また競馬を始めた。とはいえ、予想が当たらないことはもう身に染みてわかっているので、少額、楽しむための馬券を、重賞のみ買う程度である。
今年の秋、また大阪に転勤になり、また毎週末上方落語を聞きに行くようになった。週末に楽しみがあるというのは、やはり少し生活が楽しくなるものだ。
糖尿病になった。痩せなければ痩せなければと思いつつ、そこまで劇的には痩せていない。冬に太り、夏に痩せ、というのをここ2年ほど繰り返している。鬱もここ2年、冬に悪化して夏になると軽くなっているので、関係があるのかもしれない。生活パターンや食生活にも影響しているであろうから。
音楽は、すっかりサブスク頼みになってしまった。新作との出会いよりも、昔の手が回っていなかった旧作と新たに出会うことの方が圧倒的に多い。
老眼になった。
相変わらず独身である。というか、ここ10年以上、誰ともお付き合いはしていない。もうする機会もないだろう。それで別に構わない。
父親とは変わらず没交渉である。こちらとしては絶縁したものと思っている。まだ生きていると聞いている。
ブログもそうだが、SNSも含め、自分から何かを発信する機会は減った。そんなこと、別に私がしなくてもいいからなのだが、では私はなんでこんな文章を書いているのだろう。それはわからない。まだ自己顕示欲が完全には無くなっていないということなのだろう。
10年経ち、私は、特に何も持っていない。金も、物も少しだけ。日々の少しの楽しみで、細々と生きながらえている。自分の人生が寂しく侘しいものであることを諦めと共に受け入れ、時にそのことに落ち込んで自死を考えたり、時にそんなことは大したことではないと思い直したりしながら。

日記。競馬。雀三郎雀五郎親子会。

土曜日、先週予約を入れていたのをすっかり忘れていた心療内科、予約を取り直し通院。転勤前にもらった薬はまだあるが、そろそろ内科のクリニックも探しておかねばならない。めんどくさい。
検索したら徒歩で行ける場所にタバコの専門店があったので、アークロイヤルをカートンで購入。
競馬、結果をチェック。京王杯2歳ステークスファンタジーステークスも的中。とはいえファンタジーステークスは赤字。でも、京王杯のほうはなかなか。
夜は繁昌亭へ。

繁昌亭 雀三郎 雀五郎親子会

源太…道具屋
雀五郎…蔵丁稚
雀三郎…はてなの茶碗
中入
雀三郎…青菜
雀五郎…三十石

元々テンポが良い師弟の上に、雀五郎さんが枕をほとんど振らないので、この密度なのに2時間で終演してしまった会。中トリで雀三郎さんが「二席もやっているのにまだ30分しか経っていないので困っている」とぼやけば、トリで雀五郎さんは懲りずに「このままだと8時少し回ったくらいに終わる予定」といいつつ、やはり枕は振らない。でも、それで面白いのだからいいのである。
源太さんは初めて見る。口跡なめらかで明るく、どこか華がある。好印象。
雀五郎さんの三十石、船唄のシーン、舞台袖から掛け声はかかるも、掛け合いのシーンは舞台袖とではなく一人で演じる。
雀三郎さん、相変わらず名人。間違いなく名人なんだけれど、こんなに落ち着きなく動きまわる名人像というのも珍しい気がする。


日曜日は一日中ごろごろ。競馬は、アルゼンチン共和国杯は勝ったオーソリティ本命にするも2着3着を外し、みやこSの方はメイショウムラクモが追い込むも5着。

夜、ブリーダーズカップ、ラヴズオンリーユーが見事勝利。おまけに人気薄のマルシュロレーヌまで勝利。快挙。特に後者。

そろそろ12月の落語鑑賞予定をたてなければならない。こちらは楽しい作業だ。

日記。JBC。

今週は残業多し。疲れた。

水曜日にJBC3競争あり。スプリントは外し、レディスクラシックとクラシックは的中。300円の赤字。まあ、ほぼトントンだろう。クラシックは5頭ボックスでワイド買ったら、うち4頭が4着までに入ったので気分の良い馬券。しかし、カジノフォンテンは奮わず。右曲がりが苦手なのかもしれないという観測をTwitterで見かける。そうか、川崎記念かしわ記念も左回りか。