万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

日記。噺家生活45周年記念 桂米二独演会編。

日曜日、電車を乗り継ぎ京都府立文化芸術会館へ。米二さんの独演会。

 

噺家生活45周年記念 桂米二独演会 米朝&仁鶴トリビュート落語会

 

二豆…道具屋

米二…青菜

米二…火事場盗人

中入

仁智…スタディ・ベースボール

米二…住吉駕籠

 

今日の一番はなんといっても中トリの「火事場盗人」。小佐田貞雄さん作のこの演目、聞くのは5回目。最後に聞いたのは2014年なので、なんと7年前。

正直、そこまで好きな演目というわけでもなかったのだけれど、以前聞いた時とは人物の掘り下げ方、人物描写の深見が段違いだった。気が弱く、根は悪人ではない泥棒。気は強いが、次第に赤ん坊に情を移す様子がよくわかるその妻。そして、娘を行方知れずにしてしまった小間物屋の旦那さんの悔恨と、その口から語られるその御寮さんの辛い心情。それを知って崩れ落ちるように膝をつく元泥棒。登場人物たちの心の流れが見事に結びついて、納得の結末。最初聞いた時は、元泥棒が詫びを入れるシーンは少し唐突にも感じられたのだけれど、今日は納得させられることしきりだった。新作の演目を演者さんが練って育てていくというのはこういうことに違いない。仁鶴師匠思い出の「青菜」、米朝師匠思い出の「住吉駕籠」、その間にはさむだけの思い入れや自信があったのだろう。いいものを聴かせていただいた。

 

二豆さんの道具屋、最近は道具屋も省略されたものを聞くことが多かったので、省略されていないたっぷりしたものを書くのは久しぶりで、新鮮だった。終盤、少し端折り気味に思えるところもあったけれど、いい高座だったと思う。得した。

「青菜」、「二葉の師匠の米二です」から入り、会場から笑い。先日の二葉さんのNHK新人落語大賞受賞を受けてのもの。史上初の女性の受賞。しかも満点だもんなぁ。本当に面白い、信頼できる落語家さんになられた。

落語の楽しさを教えてもらったのは、ラジオで聞いた仁鶴師匠の「青菜」だと言った後に「白状しておきますけれど、稽古してもらったの枝雀さんですけど」

で、本編。不思議なもので、笑いのない場面でも引き込まれてしまって聴いているのが楽しい。これは今日はいい高座が聞けそうだと予感した。その後の「火事場盗人」が素晴らしかったのは、先に書いた通り。

 

中入後、仁智さんはいつも通りの楽しいマクラに、いつも通りの楽しい「スタディ・ベースボール」。泣かせる演目であった「火事場盗人」の雰囲気をガラリと陽気で軽いものに変えてくれる。

最後「住吉駕籠」。思えばこれも聞くのは久しぶりな気がする。軽やかに笑わせてもらって、軽い気分で会場を後に。いい落語会だった。f:id:banraidou:20211128205244j:image
f:id:banraidou:20211128205247j:image

日記。ウマ娘、スコーピオ杯編。

日記。ウマ娘スコーピオ杯。

ラウンド1初日はグラスワンダーメジロライアンナリタブライアンで挑み10勝。

2日目、ナリブの代わりにデバフ仕様のルドルフを入れるも、同じく10勝。

3日目からラウンド2、6勝止まり。

4日目、メジロライアンに、デバフ仕様のアグネスタキオンと同じくデバフ仕様のシンボリルドルフを入れる。デバフスキルの「独占力」を2人が持つ構成はうまくいってようで、12勝。勝てなくても2着ということが多く、決勝に向けて期待ができる成績。

そして決勝。ライアン、痛恨の出遅れ。4着。

まあ、仕方ない。残念だけれど。

でも、本当に調子良かったんだよ。頑張った頑張った。

 

f:id:banraidou:20211128202425j:image

日記。競馬編。

競馬。

土曜日は京都2歳ステークスと、オープンのキャピタルステークス

京都2歳ステークスは、本命にしたキャンデセントが奮わず、外れ。勝ったのはジャスティンロック。リオンディーズ産駒、重賞初制覇。シーザリオの血が種牡馬としても花開いてくれるなら、これは嬉しい。

キャピタルステークスは、ワイドの軸にしたプリンスリターンが勝利。これでオープン3連勝。でもオープンなので、未だレース映像を確認できていないのであった。次は重賞ですなぁ。ストロングリターン産駒で、母父マンハッタンカフェ

日曜、京成杯は、本命にしたレイハリアが、なんと最下位に。道中は4番手あたりにつけていたのに、直線全く伸びず。なにか故障じゃないといいのだけれど。ここまで負ける馬じゃないだろう。勝ったのは10番人気エイティーンガール、2着タイセイビジョン、3着ファストフォース。

ジャパンカップは、コントレイルから馬単で流していたので、的中。コントレイルは強い勝ち方だった。これで引退。最後に勝てたのは、種牡馬価値を高めることだろう。2着にオーソリティが粘り、シャフリヤールは3着まで。勝ち馬と同じような位置から追っての3着止まりなので、ちょっと現時点での力の差が出てしまったように見えちゃう負け方。天皇賞・秋でエフフォーリアが負かした2頭が、マイルCSジャパンカップを勝ったのだから、今年の年度代表馬はエフフォーリアで決まりではないだろうか。

3000円かけて、2500円回収。まあ、こんなもんですわね。

日記。仕事の質と量。

本日、ミーティングあり。大阪に転勤になってから、以前のミーティングで質から量へのスタイル変更を求められたのでそのようにしたら、1ヶ月半でまた量から質への変更を求められるなどした。まあ、予想はしていた。さもありなん。

日記。鬱の周期。

ここ2年、真冬に、会社を数日休む程度に鬱が重くなっている。ということは、私の場合は冬に悪くなりやすい周期性があるのだろう。転勤で仕事の環境、職場の人間関係も変わり、ストレッサーたるソリの合わない同僚があり、残業は以前に比べて増えている。今年の冬も用心しないといけない。

日記。気の合わない同僚。内科通院。競馬。文之助独演会。ウマ娘育成。

木曜日、同じ部内のスタッフが軽い事故を起こし、金曜日の朝礼にて事故防止への注意喚起。それはいいのだが、なぜか無関係の私の運転がやり玉にあがる。こちとらゴールド免許である。普段からこの同僚には雑に扱われていると感じており、なにかというと私の仕事にケチをつけてくることもあり、その日は一日中不愉快。

土曜日、大阪に転勤になってから初めての内科通院。最近気が緩んでいて体重がリバウンド気味だったため、案の定怒られる。反省。年内に2キロは落としたい。
競馬、東京スポーツ杯2歳ステークスは1番人気イクイノックスからの馬単総長しという頭の悪い買い方で黒字。しかし、強い勝ち方だった。

夜は繁昌亭、文之助独演会へ。過去2年中止になってしまい3年ぶりとのこと。

りょうば…阿弥陀池
文之助…たいこ腹
内海英華(女道楽
文之助…景清
中入
文之助…夢の酒

まずなんといっても、普段昼席で見るよりもたっぷりな英華さんが素晴らしかった。独演会あったら行きたいなと思わせてくれるレベル。
「景清」は、泣かせるところと話のクライマックスがずれている難しい話という印象を持っていて、これぞ決定版と思えるような高座にまだ巡り合えていない。文之助さんほどのテクニシャンをもってしても、やはりどこか物足りなさが残った。たいこ腹も夢の酒も素晴らしかったのだけれど。

日曜は終日ゴロゴロ。競馬、マイルチャンピオンシップは、グランアレグリアが鮮やかな勝利で引退レースを飾った。2着にシュネルマイスター。3着に復活のダノンザキッド、4着に安定のインディチャンプ。馬連はとったが、1番人気と2番人気での決着であり、赤字。しかし、とてもいいレースだった。

今月は残業が多く、以前ほどウマ娘に手が回っていない。そんな中、なんとかSランクのメジロライアンと中距離Sのグラスワンダーおよびナリタブライアンをそろえることができたので、この3人で来週火曜日からのスコーピオ杯に臨もうと思う。さて、どうなることやら。

日記。競馬。落語。京都。

土曜日。一日中ゴロゴロ。

競馬は、デイリー杯2歳Sは的中。武蔵野ステークスは本命にしたヒロシゲゴールドが沈没。距離だろうなぁ。

日曜は落語を聞きに久しぶりに祇園へ。歩くだけで楽しい街。

 

桂米二 de 新門前寄席

二豆…やかん

米二…池田の猪買い

中入

米二…初天神

 

三席ともたっぷり。二豆さん、流暢で達者なのが、演目に合っていてよかった。

この冬はじめての池田の猪買い。雪の降る話。聞いている間に日が傾き、足元が少し寒くなってくる。ある意味迫真。面白い経験。また、枕では何度も聞いたコロナ療養のエピソードだが、時間に余裕があるからかいつもより詳しくたっぷり。これまた楽しかった。

初天神も凧揚げまで。たっぷり。

 

帰り、手帳を買いたかったので本屋を探しながら、ぶらぶら。もう四条には大きな本屋は残ってないのだと、少し寂しく思う。ジュンク堂ブックストア談ブックファーストももうないのだな。くまざわ書店を見つけ、手帳と本を2冊。ニール・シュービン「進化の技法」と川端裕人ドードーをめぐる堂々めぐり」。少しお高め。

 

エリザベス女王杯は、レイパパレ本命だったので見事に外れ。アカイイトキズナ産駒。よかったねぇ。

福島記念は当てて一応黒字だが、1番人気からワイドの総流しだったので、赤字にならなかったのが不思議。