万来堂日記3rd(仮)

万来堂日記2nd( http://d.hatena.ne.jp/banraidou/ )の管理人が、せっかく招待されたのだからとなんとなく移行したブログ。

8月3日に落語を聞きにいった記録

昼ごろ起きてダラダラし、繁昌亭へ。
入り口には六代文枝の幟がたくさん。風にはためいていていい感じ。
会場内、ほぼ満席。若干客層若い感じ


第三回 はちみつの日
繁昌亭

オープニングトーク
三輝…アコーディオン漫談
三度…宿題
八光…ちりとてちん
トークコーナー(八光、三度、三輝、ファミリーレストラン、モストデンジャラストリオ)
中入
八光…堪忍袋
鶴瓶…青木先生


まずオープニングで色々。今回のゲストが過去二回に比べてマイナーなこと、つい昨日、鶴瓶さんから「これを見てやったらいい」と「堪忍袋」のDVDをもらったばかりなのに、今朝電話したときに弾みで今日やるといってしまったため、今日やること、など。

三輝さんも三度さんも初めて見る。三輝さん、アコーディオンを弾きながら「寿限無」を逆からいうというのが、途中でイタリア語みたく巻き舌になったりして楽しかった。

三度さん、またお茶子さんが高座を整え終えていないのに登場しかけてあわてて引っ込むハプニングあり。後のトークによると、今日が初めての繁昌亭とのことで、めちゃめちゃ緊張していたらしい。枕短めですっと噺に入り、師匠作のネタを丁寧に。面白かったし、よく受けていた。

八光さん登場。あとで鶴瓶さんも飛び入りするとのこと。噺は先日も聞いた「ちりとてちん」。

中入り前のトーク、「よしもと住みます芸人」の三組。三輝さんが三重、ファミリーレストランが滋賀、モストデンジャラストリオが愛媛。三度さんはトークに出る予定がなかったそうで、着物をすでに脱いでいたらしく少し遅れて登場。三輝さん、いじられるキャラかも。

客席の反応を見るに、落語ファンというより若いお笑いファンが大目みたい。素直に笑っている感じ。

八光さんの堪忍袋、詰まったり破綻したりすることもなく、スムースに最後まで。

鶴瓶さん、羽織なしで舞台へ登場。高座での遭遇は三回目。過去二回がいずれも「錦木検校」だったのでそれ以外だったらいいなぁ、と思いながら拍手。「死神」をやってほしいといわれたが、長いネタだし、他人の会で自分がたっぷりやるのもおかしいと、「青木先生」へ。以前、ネットで転がっている音源を聞いたことはあったのだけれど、それに比べると今日の方が断然面白かったし、後半の青木先生が断然優しかった。



終演後、ネットカフェに入ったが、少し冷房がきつい。失敗したかもしれん。